« 水10※ハケンの品格(1) | トップページ | 土9☆演歌の女王(1) »

笑顔で生きんしゃい!

「がばいばあちゃん」2冊目です。1冊目とこの2冊から

エピソードを集めて、2時間ドラマは作られたようです。

2冊目の内容は、1冊目のダイジェストをしつつ

追加のエピソードを加える形ですが、読めば読むほど

おばあちゃんの哲学というか、言動の元になってるものが

もの凄く奥深い意味を持ちながら、だけど分かり安くて

厳しくて、優しい、その感覚が、じわじわ伝わってきます。

がばいばあちゃんの笑顔で生きんしゃい! (徳間文庫)
島田 洋七
税込価格 : \540 (本体 : \514)
サイズ : 文庫 / 205p
ISBN : 4-19-892184-9
発行年月 : 2005.1
@niftyBOOKS~アット・ニフティブックス

最後の方に、宴会のようになってしまうお葬式のお話が

入ってましたが、あの様子は、私の理想です。格式だとか

威厳だとか、そういう習わしだとか言って、暗く寂しい

式典や法要よりは、懐かしんで、お酒飲んでケーキ食べて

にぎやかに「ありがとう」「おつかれさま」って騒いで欲しい。


生きてる人の言葉って、なかなか響かないんだけど、私も

いつか、祖父から聞いたことを書けたらいいなぁと思います。

戦争の話、結婚の話、貧しかった生活の中の輝く思い出

木の話、家の話。私の一度聞いたら忘れない記憶力が

健在なうちに、まとめておいた方がいいのかもしれません(笑)

以上の話は、私が小学校に上がる前に聞いた話ばかりです。

それより大きくなると、祖父は覚える、忘れないと思ったのか

ほとんど話してくれませんでした。特に戦争の話は、私も

物心ついて、学校で歴史を習ってからは、聞けなくなりました。

ちなみに、この一度聞いたら忘れない記憶力は、覚えようと

思うと、全く役立ちませんので、勉強には使えない力です(大笑)

どうしようもないものを一発で覚えます。応募するつもりもない

懸賞の応募先とか、泥水浴びせられた車のナンバーとか。

サスペンスも嫌いなので、警察や探偵にも向きません。

なにせ、一発で覚えるので、血とか事故とか夢にでます(泣)

……でも、そういうタイプのOLのミステリーなら書けるかも?

「死ぬまで夢を持て!叶わなくてもしょせん夢だから」

これも、がばいばあちゃんの名言ですが

私が15歳で手放した夢は「小説家」でした。

書かなくなって10年以上過ぎてますが、まだ書けるかなぁ。

書きたい物語は300本くらいプロットしてあったなぁ(笑)


◎感想ログ

->ドラマ「佐賀のがばいばあちゃん」

->小説「佐賀のがばいばあちゃん」

|

« 水10※ハケンの品格(1) | トップページ | 土9☆演歌の女王(1) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136751/13449212

この記事へのトラックバック一覧です: 笑顔で生きんしゃい!:

« 水10※ハケンの品格(1) | トップページ | 土9☆演歌の女王(1) »