« 月9♪のだめカンタービレ#9 | トップページ | ドラゴンクエスト9☆DS »

火10☆僕の歩く道(10)

ヘロヘロに疲れて21時過ぎに帰ってきて、氷結イチゴ&リンゴ

2本続けてぐいっと空けて、更にヘロヘロな状態で見てしまいました。

仕事でまだ心がクサクサ、棘々してる状態で見始めると……

なんつーか、ホントに癒し系ドラマですね。今回は見ながらもの凄い

ものを思い出してしまいましたよ。あまりに恐れ多くて草なぎくんは

ビックリするかもしれませんが「フォレスト・ガンプ一期一会」です。

最初は「アルジャーノンに花束を」のイメージがあったんですが

もうちょっと強いイメージに変わりました。

テルを見守ってきた、お母さん、お兄さん、妹、都子。

それぞれが、自分の生き様を思い返して、苦悩する。

ホントはこうしたかったのに、出来なかったのはテルのせい。

テルがいたから、自分はいじめられた。うっとうしかった。

わずらわしかった。心配しすぎていたんじゃないだろうか……。

でも、ホントにそうだったんだろうか。ホントにテルのせい?

テルの為に自分を犠牲にしてきたんだろうか、違うかもしれない。

ホントは、自分がテルに必要とされていたかったんじゃないか。

投げ出したい気持ちも時には確かにあった。でもそれは

ホントにテルを失いたい気持ちでは、決してなかったはず。

これからも、苦悩する、し続ける。彼らは人として私よりレベルが

数段上なんだと思います。たぶんそれを「徳」って呼ぶんでしょうね。


理性と常識で、積み上げていた気持ちのブロックが

じゃがいもみたいにコロコロっと崩れてしまって

もう、元に戻れなくなる感覚、良く分かります……。

負の感情ばかりが溢れてきて、真っ黒になってグルグルになる。

眠れなくて、嫌なことばかりが頭の中占拠して、逃げたくて

死にたくて……、海のそばの宿っていうのは、リアル過ぎました。

社会的に自殺が問題になってなかったら、もう少し深く描いて

いたかもしれませんね。都子みたいに、マジメでしっかりした人が

こういう状態に陥った時が、一番危ないような気がします……。

でも、都子は安心して寝られる場所にたどり着きました。

ラスト、思ってもいなかった、エンディングに辿り着きそうですね。

フジTV公式ホームページ->僕の歩く道

感想ログ->1話2話3話4話、5話(その1)(その2)

        6話7話8話9話、10話

|

« 月9♪のだめカンタービレ#9 | トップページ | ドラゴンクエスト9☆DS »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136751/13048346

この記事へのトラックバック一覧です: 火10☆僕の歩く道(10):

« 月9♪のだめカンタービレ#9 | トップページ | ドラゴンクエスト9☆DS »