« コッペリア(読中ログ2) | トップページ | 月9♪のだめカンタービレ#5 »

功名が辻(三成死すとも)

大河ドラマのお話を、ブログに載せるのは初めてですが

実は、ほとんど毎年、けっこう欠かさず見続けております。

一番今まで印象に強かったのが、竹中さんの「秀吉」でした。

華やかで、剛毅で、やましいことなんか心に何一つなかった

秀吉の姿が、すごーく印象的でした。次に、印象深かったのが

「利家とまつ」の、香川さんの「秀吉」。あか抜けて、でもどこか

食えない雰囲気もある。そして、今回の柄本さんの「秀吉」

明らかに、人の裏、事の裏を読み尽くして、世を渡っていく

天性の感覚。それがいいとか、悪いとか、正義とかじゃなくて

「そうしたくて、そう生きた」という秀吉の像だったと思います。


秀吉に限らず「功名が辻」に描かれる、歴史上人物たちは

本人にけっこう近いんじゃないかと、思わせてくれます。

序盤、本能寺で散っていった、舘さんの信長は、バサラと呼ぶに

ふさわしい気概と威厳とプライドの塊でした。お市役、大地さん

茶々役、永作さん。この二人は、本当に親子のような気丈さと

憎しみと、無念。これほど高貴の身の上の女性なら、これほど

背負わなくても、もっと楽に生きて行けただろうに、女の戦国を

駆け抜けた姿でした。永作さんは、もう一山、大阪・夏の陣で

徳川家康と勝負が残っていますね。怖いけど楽しみです。


たぶん、西田さん自身も、何度目かの家康だと思うのですが

……これが、大変にハマり役であり、今回の脚本と演出は

素晴らしかったと思います。ああでなくては、戦国を生き延び

後の江戸幕府をつくることはできなかった。あのタヌキっぷりが

見事で、なーんというか、日本の政治家って戦国時代から、そう

変わってないんだろうな~なんて苦笑いしながら見ております。

この家康と、関ヶ原で対峙した、石田三成役・中村橋之助さんも

本当に素晴らしい好演でした。サルとかタヌキとか跋扈した

戦国末期、義に厚く、最も高潔であったのが石田三成なのだと

良く分かりました。家康が、三成の処刑の報告を受けたとき

真顔で「六条で殺されていたのは自分だったかもしれない」と

つぶやいていましたが、本当にそうだったかもしれない戦でした。

今まで、戦国武将をまるでヒーローのように思っていましたが

そうではなく、そんなことではなく、関ヶ原の川が赤く染まるほど

あの場所で命が絶たれ、もしかしたら、私も今ここに存在して

いなかったかもしれないのだと、事実として分かった気がします。

もし関ヶ原で三成が勝って、豊臣の世が続いていたら、やはり

私は存在していなかったのかもしれない。この「もし」を考えると

ものすごいパラレルワールドになりますが、おそらく三成が勝って

いた場合、戦国時代は関ヶ原で終わってなかったでしょうね。


で、これほどまでに、個性的で素晴らしい歴史上人物に囲まれ

名役者たちと同じセットに立ち続けた、川上さんと仲間さん。

義は通したくても、自分の身のため、お家の為、家臣の家族の為

身を切って、でも心まで切り捨てることはできなくて、苦しんで

それでも戦国を渡っていく一家の姿を、とても良く伝えてくれています。

戦国時代は、信長、秀吉に代表されるヒーロー伝ばかりじゃなく

こんな武将がたくさんいて、一人一人が自分の為、家族の為

領民の為、主君の為に、自分の道を切り開いていったのだと

ようやく見えてきたように思います。本当に、彼らを理解するには

私には、まだ知識も経験も足りないのだと、それだけ分かりました。

|

« コッペリア(読中ログ2) | トップページ | 月9♪のだめカンタービレ#5 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136751/12667652

この記事へのトラックバック一覧です: 功名が辻(三成死すとも):

« コッペリア(読中ログ2) | トップページ | 月9♪のだめカンタービレ#5 »