« のだめオーケストラLIVE! | トップページ | 雨ニモマケズ/宮沢賢治 »

椿山課長の七日間(オンライン試写会)

ヤフー!映画オンライン試写会。ダメモトで応募してみるもんですね~。

5000名と口数が多かったのでもしかしたら見られるかも、と期待は

していましたが、本当に「当選」の文字を見たときは、嬉しかったです。

たぶん、浅田次郎ファンの私に今年最後のご褒美だと思います。感謝。

以下、ネタバレです。


右脳タイプの私の場合、映画を見るのも、小説を読むのも

目から先の使ってる神経が同じなので、そう印象は変わらない

はずなんですが、浅田さんが伝えたかったことと、映画の

監督が描きたかったことが、大きく違ったため、小説を読んで

物語を知っていた私でも、全く別の種類の感動を味わいました。

泣けるシーンが全然違うんですよね。映像と音声の訴える力は

すごい。言葉が要らないシーンの威力が、とっても効果的でした。


西田敏行さん←→伊東美咲さん。西田さんは、長年デパートの

婦人服売り場を担当していた為か、だいぶ穏和な椿山課長。

伊東美咲さんは、よみがえったばかりのシーンなんかガニ股で

話す言葉も、オヤジっぽいというか、ホントに西田さんっぽく

美女とのギャップがチグハグで笑えました。快活で良かったです。

綿引さん←→成宮くんは、ホントに親子っぽく見えました~。

任侠な成宮くんもなかなかいいですね~。武田さんの事件に

ついては映画ではかなり違った解釈というか、物語になってました。

それはそれでいいと思うし、映画→小説を読んだ人にとっては

新鮮な気持ちになると思います。映画であんまり泥沼でもね……。

女王の教室から、二人の主役、伊東ひろとくん←→志田みらいちゃん。

そして、椿山さんの長男役の須賀けんたくん。3人の素晴らしい子役が

いなかったら、この映画は実現しなかったことでしょう。拍手。全然

違和感なくて、というか、映画の最大の泣けるシーンは、この子たちの

自分が突然死んでしまった悲痛な想い、大好きなお父さんが突然

いなくなって、別のお父さんが現れた混乱、純粋無垢な願いと感謝。

裏の無い、これこそ純真という、見事な演技だったと思います。


他にも、たくさん素晴らしい役者揃いで、マイルスのマスター藤村さんは

ほとんどセリフも無いところに、普通に自然にいらっしゃって、ホントに

あそこに、あのマスターのいるコーヒー屋さんが30年以上あるように

思えました。SACのマヤさん・和久井さんも、良かったと思います。

小説と違って、あんまり私情を挟まず、用件のみ淡々とこなしていく。

SACのマヤ・和久井さんと、マイルスのマスター・藤村さんを軸にして

オムニバス短編ドラマが見たい気がします。現代日本に色んな

ことを訴えることが出来ると思います。例えば、若年層の自殺者、過労死

飲酒運転事故の被害者、災害の被災者、闘病生活を送る難病患者。


小説を読んだとき、私が一番感銘を受けた知子さんとの話は

あんまりつっこんで描かれなくて、さっぱりしてズルズルしなくて

それも良い演出だと思いましたが、映画だけ見た方には、ぜひ

小説を手にとって、知子の独白を読んで貰いたいと思います。

でも、小説では無かった「二人のサイン」は、良かったですね~。

2~30年前のオフィスでは、携帯でもメールでもはなく

二人だけのサインを持っていたんですよね~。今からはじめるのは

こっぱずかしいけど、30年たって、自分が死んでから、奇跡のように

最後に残すメッセージとして、ものすごーく良かったと思います。

映画を見てない人の為に、ここはネタバレしません。感動シーン。

でも、絵柄は、伊東美咲さんと知子役・余貴美子さん。キラキラ~☆


結末が、小説とはだいぶ違います。どっちかっていうと

映画を見て→小説を読むの方がいいかもしれません。

見た人の感覚とか、受け取り方とか色々あると思いますが

私個人的には、映画=ハッピーエンド・ヴァージョン

小説=納得できるバッド(サッド)エンド・ヴァージョン

だったかなぁ、と思います。

最後、テーマ曲、コブクロでした。優しくてゆったりしていて

とても落ち着いた映画にあうバラード「あなたへと続く道」

エンドロールまで余韻に浸って、しっかり見させて頂きました。

ヤフー!さん、本当にありがとうございました。

ちょっと早いクリスマス・プレゼント、とても幸せでした~♪


浅田次郎作品過去ログ

◎鉄道員->ネタバレ

◎天国までの百マイル->ネタバレ(其の壱其の弐

◎壬生義士伝->

ネタバレ(其の壱其の弐其の参其の四其の五其の六其の七

◎椿山課長の七日間->読中ログ1読中ログ2ネタバレ1ネタバレ2

◎地下鉄(メトロ)に乗って->読中ログネタバレ

|

« のだめオーケストラLIVE! | トップページ | 雨ニモマケズ/宮沢賢治 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

浅田次郎作品」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136751/12641364

この記事へのトラックバック一覧です: 椿山課長の七日間(オンライン試写会):

« のだめオーケストラLIVE! | トップページ | 雨ニモマケズ/宮沢賢治 »