« 火10☆僕の歩く道(8) | トップページ | 手紙/東野圭吾(読中ログ) »

中原の虹(二)150ページ

浅田さん、まだまだやってくれます!

今度は、日本に亡命した梁文秀と、妻・玲玲(春児の妹)の登場です。

しかも、子供がいる~。春児の甥っ子なんですね~。

だんだん相関図の線が繋がってきました!

隠居生活というか、あれだけの地位に居た人が、学校の先生なんて

環境の変化とか、そんなもんじゃ済まない、私なんかが推し量れない

大変な苦労だろうと思います。……でも、そもそも文秀は、高官に

なりたかったんだろうか……。白太太のお告げのまま、辿ったけれど

郷里に居た頃の、小爺は、そんなことを切望していたようには

全く見えない。ほいっと受けた郷試で、ひょいっと合格してしまい

その後、トントントンと階段を上がっていっただけのような気がする。

意外と、こんな小さな家で、あったかく家族と過ごすことも

彼の望みだったんじゃないかなぁ、なんて思いました。


紫禁城では、宦官たちが結束して、西太后と幽閉中の光緒帝を

繋ぐホットラインを開設(笑)いや、笑うところじゃないんだけど

世間に名の通った西太后の側近たち(地位も高い人たち)が

こっそり、西洋の機器に四苦八苦してる様を想像したら……(笑)

|

« 火10☆僕の歩く道(8) | トップページ | 手紙/東野圭吾(読中ログ) »

浅田次郎作品」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136751/12865534

この記事へのトラックバック一覧です: 中原の虹(二)150ページ:

« 火10☆僕の歩く道(8) | トップページ | 手紙/東野圭吾(読中ログ) »