« 霧の訪問者(読中ログ2) | トップページ | 大神(レポート2) »

霧の訪問者-薬師寺涼子の怪奇事件簿(ネタバレ)

<-読中ログ1読中ログ2


巻末の写真で、あんな穏和なお顔をしていらっしゃる田中先生が

こんなにも攻撃的な文章を書くのか、やっと分かった気がします。

全て、薬師寺涼子という暴走女王様の影響ではないでしょうか。

日本を牛耳るなら、永田町じゃなくてワシントン。なるほど。


霧の訪問者 (講談社ノベルス 薬師寺涼子の怪奇事件簿)
田中 芳樹
税込価格 : \840 (本体 : \800)
出版 : 講談社
サイズ : 新書 / 214p
ISBN : 4-06-182499-6
発行年月 : 2006.8
@niftyBOOKS~アット・ニフティブックス


最後の行を読み終わるまで、泉田くん以上に、目を光らせて

お涼の軽井沢での本当の目的を探しておりました……。

絶対「裏」があるはず。何かどっかに必ず「利」があるはず、と。

--意外と純粋な「利」だったのかもしれませんね。

あんまり純粋過ぎて、一般人には余計に分かりづらかったのですが

単純に「大好きな泉田くんとバカンス」って。……逆に怖いかも。

いや、だがしかし、二人のメイドたちは、泉田くんのことを

既に将来のオーナー一族だと思って接してると思うなぁ(笑)

さてお涼は、どうやって、泉田くんを落とすつもりでいるのか。

彼女が本気になったら、手段は選ばず、何でもありだろうから

そうしないのは、たぶん泉田くんに言わせたいんだろうね~。

遠くから応援してます。泉田くんも、遙か遠くから見守ってます。


今回は、国内有数の避暑地が舞台ということで、このシリーズに

しては比較的穏便だったように思います。いえ、死人がけっこう

出てますので、2組の暴●団の皆様が居合わせてくれなかったら

それこそ「怪奇事件」として闇に葬るしかない事件になっていたかも

しれませんが、なんとか形ある事件として、処理されることでしょう。

嫌味な婆さんと、狂った科学者が「被害者」扱いになるのは

ちょっと納得いかない点ですが。……休暇中だったお涼と泉田くんは

事件に関わったことになってるのか、居合わせただけになってるのか

書面だけでも関わったことにすると大変面倒なので無関係になるのか

おゆきちゃんの手腕が見たいですね。こっちはこっちで強そうだ~。

|

« 霧の訪問者(読中ログ2) | トップページ | 大神(レポート2) »

ライトノベル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136751/12625892

この記事へのトラックバック一覧です: 霧の訪問者-薬師寺涼子の怪奇事件簿(ネタバレ):

« 霧の訪問者(読中ログ2) | トップページ | 大神(レポート2) »