« ダ・ヴィンチ・コード(其の弐) | トップページ | 中原の虹(1)163ページ »

インフルエンザ予防接種

有料にて予防接種してきました。1人で行くと3000円だけど

二人で行けば2000円x2人でお得になるところがあるようです。

病院によっては、いつ行こうと何人で行こうと3500円という

ところもあります。曜日や時間が決まってるところもあります。

何より薬がなくなってしまえば、お金があっても受けられません。

よく説明を聞いて、しっかり予約して行くのがいいと思います。

一晩、ちょっと腫れてましたが、このくらいの症状はインフルエンザに

かかった時のことを振り返ると、ホントにかわいいもんです(笑)

丈夫で元気に過ごしてきて、インフルエンザにかかったことも

かかった人が身近にいないという人もいるかもしれませんので

以下、私のインフルエンザ体験談です。


高校卒業まで、予防接種を受けてきて、社会に出て1年目の冬。

事前に予防接種をしなければなんてことは、全く頭に無く

見事にやられてしまいました。周囲の話を聞いても、社会に出て

1・2年目の冬が、いろいろな予防接種の効果が切れて油断の

時期のようですね。私の場合、もとから平熱も高く37.0というのは

まぁ普通の範囲。39.8というデジタルの表示を見たときはさすがに

驚きましたが、自転車で近くの総合病院に行ける元気さでした(笑)

自分自身があまり元気なので「入院」と言われたときは

「先生、またからかって~」なんて言って帰って来ちゃったんです。

でも、本当の症状はそこからでした。熱はもう上がりようもない

くらい上がっていたので、あとは下がるだけだったのですが

38.0あたりから、全然下がらなくなったんです。最初のうちは

薬を飲んだり、水分とったりして、それでも自分の部屋で

TVを見たり、本を読んだりして、普通に過ごしていたんですが

そのうち、食べれなくなって、眠れなくなって、朦朧としてきて

そこで、緊急外来で点滴を2本続けて打って貰い、今度は本気で

「入院宣告」を受けたんですが、今度は私も本気で逃げました(笑)

(ちゃんと会計はしました。)入院設備の無い診療所に切り替え。

まさか、自分が入院しなきゃいけないような病気にかかるなんて

その時まで一度だって想像したことなくて、その為のお金なんて

これっぽっちも溜めてなかったんです。社会人1年目で、民間の

保険なんてのも、まだまだ先のことと思っていたんですよね……。

まさか、働きに出てから、入院代を親に借りるわけにも行かず

そんな金銭理由で、本気で逃げたわけです(大笑)逃げた先の

診療所で、先生に「どうした?」と聞かれ「インフルエンザです」と

即答したら「それは、私が判断する」と、つっこまれました(笑)

ここまでは、まだ少し元気なインフルエンザ患者でした……。

処置を受けて、ようやく熱が引きはじめた頃、本当の恐怖が

待っておりました。「咳」です。咳が止まらなくなったんです。

熱も下がって、身体も動くし、食べれるし、最初は何とも思って

なかった、ただの咳。1日2日と長引く内に、この自分の咳が

自分の体力を根こそぎ奪ってしまいました。咳をすることも

食べることも、ベッドから起きあがるのも苦しいくらいに……。

もともと、気管支が人より大きくて、咳の症状は人の倍です。

最初の総合病院の先生は、私のこの気管支を心配して

最初から「入院」とおっしゃってくれていたわけです……。

そうなることを、最初から見通していたわけです。悪い患者でした。

医者を信じない患者を、病院だって無理に引き留めたりしません。

私が逃げたんじゃなくて、病院が追い出したのかもしれません。


完治するまで、結局1週間ほど、会社を休むことになりました。

通院・治療にかかったお金は、5000円にも満たない額ですが

会社に行けなくて、欠勤になった分や、その為に周りにかけた

迷惑を考えると……予防接種2000円なんてのは安いものです。

結果的に私は、経験をさせて頂いたことになるのですが、何も

好んで病気になる必要も無いですから、どうぞ皆さんご自愛下さい。

|

« ダ・ヴィンチ・コード(其の弐) | トップページ | 中原の虹(1)163ページ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136751/12728951

この記事へのトラックバック一覧です: インフルエンザ予防接種:

« ダ・ヴィンチ・コード(其の弐) | トップページ | 中原の虹(1)163ページ »