« 椿山課長の七日間(オンライン試写会) | トップページ | コッペリア(読中ログ) »

雨ニモマケズ/宮沢賢治

雨ニモマケズ
風ニモマケズ
雪ニモ夏ノ暑サニモマケヌ
丈夫ナカラダヲモチ
慾ハナク
決シテ瞋ラズ
イツモシヅカニワラッテヰル
一日ニ玄米四合ト
味噌ト少シノ野菜ヲタベ
アラユルコトヲ
ジブンヲカンジョウニ入レズニ
ヨクミキキシワカリ
ソシテワスレズ
野原ノ松ノ林ノ陰ノ
小サナ萓ブキノ小屋ニヰテ
東ニ病気ノコドモアレバ
行ッテ看病シテヤリ
西ニツカレタ母アレバ
行ッテソノ稲ノ朿ヲ負ヒ
南ニ死ニサウナ人アレバ
行ッテコハガラナクテモイヽトイヒ
北ニケンクヮヤソショウガアレバ
ツマラナイカラヤメロトイヒ
ヒドリノトキハナミダヲナガシ
サムサノナツハオロオロアルキ
ミンナニデクノボートヨバレ
ホメラレモセズ
クニモサレズ
サウイフモノニ
ワタシハナリタイ


つい先日、賢治さんの直筆の卒論が一般公開されまして

丁寧な字に地元人が驚いたほどでした。「雨ニモマケズ」の

書き殴ったような字が、あまりに印象的だったんですね。

この有名な詩が、生前に書籍になることはありませんでした。

メモから発掘された物です。

これは、賢治さんの理想であって賢治さん自身の姿ではなかった。

こうなりたい、こうありたいという自分の願い・欲望を抑える意志。

書き留めることで己を律したのだと思います。

だから詩という作品じゃなくて、個人的な志だったと思うのです。

でも、だからこそ、私たちの心に響くのでしょうね。

この詩に素敵な音がつきました~。音がいっぱいガヤガヤしてたら

嫌だなぁと思っていたのですが、ピアノ1本の弾き語りで、とても素朴で

飾らないメロディラインで「詩を謡う」と表記するのにふさわしいと思います。

雨ニモマケズ
宇佐元恭一
1,000円

Yahoo!ショッピング

|

« 椿山課長の七日間(オンライン試写会) | トップページ | コッペリア(読中ログ) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

本当に静かで力強い詩のイメージをそこなわないメロディーだと私も思いました。
先日機会があって、生でこの歌を聞きました。
自分でもびっくりするほど心に響きました。
素晴らしかったです。
11月に全国ツアーがあるようですよ。
CDもいいですが、生はまた違ったよさがあると思います。
ぜひ一度目の前で聞いてみてほしいです。

投稿: はな。 | 2008年10月26日 (日) 02時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136751/12650021

この記事へのトラックバック一覧です: 雨ニモマケズ/宮沢賢治:

« 椿山課長の七日間(オンライン試写会) | トップページ | コッペリア(読中ログ) »