« 火10☆僕の歩く道(6) | トップページ | のだめオーケストラLIVE!レビュー »

中原の虹(1)26ページ

ついに、ハードカバーの新品をお風呂に持ち込みました(笑)

オンライン書店bk1さんにて、フィルムコートをしてもらったので

湯船に落とさない限り、水濡れ対策は大丈夫です。うしし。

なんて、まだ26ページなんですが、これにはわけがありまして

……いえ、読んだ方なら、この26ページで何が起こったか

どれ程の衝撃を受けたか、察して下さることでしょう。皆様

この26ページまで読んで「蒼穹の昴」の上巻か文庫の1巻を

めくったんじゃないでしょうか。そうせずにはいられない衝撃でした。

「蒼穹の昴」主人公、小李・春児の直ぐ上のお兄さんの登場です。

たしか、3人くらい兄さんがいて、上の2人は既に死んでて

下の妹と自分だけが、お母さんの元に残った。そうだよ

そういえばもう一人いるじゃんっ!!10年、どこに居た!?

ってな具合で、冒頭26ページで、既にやられてしまいました。

浅田さん、ホントに読者の心をガシっと掴む吸引力があります。

講談社さんもHPで、この26ページまで「立ち読み」させて

くれたら、1巻買うまで、こんなに時間かからなかったのに、ねぇ。

ってな具合で、現在「中原の虹」第1巻26ページまで読んで

10年前の「蒼穹の昴」の上巻に戻ってきたところでございます(笑)


浅田次郎作品過去ログ

◎鉄道員->ネタバレ

◎天国までの百マイル->ネタバレ(其の壱其の弐

◎壬生義士伝->

ネタバレ(其の壱其の弐其の参其の四其の五其の六其の七

◎椿山課長の七日間->読中ログ1読中ログ2ネタバレ1ネタバレ2

◎地下鉄(メトロ)に乗って->読中ログネタバレ

|

« 火10☆僕の歩く道(6) | トップページ | のだめオーケストラLIVE!レビュー »

半身浴で読書」カテゴリの記事

浅田次郎作品」カテゴリの記事

コメント

えーーーーーー!!マジぃ~~~~?
チュンルンのお兄ちゃん登場????
こりゃ凄い、恐るべしジローさん。
そんでもって、ビニールコーティング???
すんごいっ!もう、ほしーーーーぃ。

投稿: ベリー | 2006年11月17日 (金) 13時56分

そぉなんですっ!ベリー夫人。
私は思わず、お風呂で息を飲んで
半身浴も忘れて直ぐ、出ましたよっ!(大笑)
だって、確かめなくてはっ!って
思いたってしまって・・・ホントに春雲の兄
春雷の登場です。しかも、かなりいい男ぶり。
時代は、ホントに激動です。
日露戦争直後の中国、日本軍とロシア兵が
混在する原野が舞台です。今度の主人公は
一言では言えません。忠義に厚いんだけど
切り捨てるべきものは、見向きもせず切り捨てる
情け容赦無いんだけど、でも、彼の敵は
日本でもロシアでも、もちろん皇帝でも
西太后でもなく、「貧乏」だけっ!
ステキです。でも、読んでいると自分の
情けなさを痛感させられる痛い作品。
今半分くらい読みましたが、若かかりし頃の
小爺とか、上のお兄さんとかも名言を告げて
くれて、冗談じゃなく本物の続編です。
でも「蒼穹の昴」を知らない方にとっては
一体どんなシーンで再開が待っているか
ものすごい衝撃になるんでしょうね~。
おそるべしジローさんっ!!

フィルムコートは好き好きでしょうけど
長風呂(約2時間)読書派の私にとっては
ものすごく助かってます。有料ですので
詳しい内容はbk1さんのサイトを見てみて下さい♪
http://www.bk1.co.jp/contents/help/he_m08.asp

投稿: 菜ノ花 | 2006年11月17日 (金) 20時07分

なぁ~るほどねっ!!
そーかっ、あの図書館の本みたくやってくれるのですね。
そんで、結構お安いですね。
素晴らしい情報ありがとうございました!
・・・実は私、全ページコートしてあると思い込んでいました(爆)
ありえね~~~~~(笑)

投稿: ベリー | 2006年11月18日 (土) 19時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136751/12692866

この記事へのトラックバック一覧です: 中原の虹(1)26ページ:

« 火10☆僕の歩く道(6) | トップページ | のだめオーケストラLIVE!レビュー »