« ボージョレ・ヌーヴォ | トップページ | インフルエンザ予防接種 »

ダ・ヴィンチ・コード(其の弐)

<-其の壱(2006.05.21)


……見たいと思ってから、見事に半年でした。

こういう映画を見ると、2ヶ国語話せないと人生損してるのかも

なんて思っちゃいますね。言語が増えれば、世界が広がる。

読みかけになってる「天使と悪魔」もハードカバーを買って

読まないうちに文庫になっちゃった「デセプション・ポイント」も

年末仕事が忙しくなる前に、本格的に冬が到来して雪かきと

仕事のダブルパンチで読書どころじゃなくなる前に読みたいです。


映画は、小説ほどあからさまに「キリストの系譜」を強く押しては

いなかったので、逆に上映できないほどの騒ぎにしてしまった

一部の教会の方が、少し軽率だったんじゃないかなぁと思いました。

熱心というか、狂信的な一部の信者も確かにいるのでしょう。

でも、一般の信者にとっては、キリスト・神について考える良い

機会だったんじゃないかと思うのです。それとも、神について

考えたり、想像することも、不適切だと言う教会もあるのでしょうか。

じゃあ信仰って何?と、多神教のたいていの日本人は悩むわけですが

彼らにしてみると、絶対神を持たない人の方が変な存在なのでしょうね。

宗教の話は、正解がある問題じゃないので、この辺で置いておきます。


映画の話。これは私の大好きな、トム・ハンクス、オドレイ、ジャン・レノと

大物3人が揃った見事な作品でした。ジャン・レノの役だけは小説とは

少し違った立場で描かれていて、たぶん上映時カットになったシーンが

多かったんじゃないかと思います。コンプリート版では、細かい経緯も

明かされてスッキリして終わってるんじゃないかと思われますが

レンタル版は、ちょっと「尻切れトンボ」状態でしたね。原作を知ってる

ので私の中では、ネタバラしも済んでスッキリしてますが、映画だけの

方には、ちょっと消化不良になってしまったんじゃないかと思います。

オドレイ・トトゥのバッグ・ハンドル・テクニックはすごかったですね~。

小回り利きそうちっちゃい車も彼女にとても似合っていました。

トム・ハンクスは、ずーっと前から大好きな俳優さんなんですが

どこにでもいそうな、普通の人を、普通に演じるのが、とっても

うまい方ですよね。違和感無くて、それなのに華があるっていうか。

「天使と悪魔」の公開も楽しみですっ!

レンタル映画、次の狙いは「MI3」か「ブレイブ・ストーリー」かな。

|

« ボージョレ・ヌーヴォ | トップページ | インフルエンザ予防接種 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136751/12725404

この記事へのトラックバック一覧です: ダ・ヴィンチ・コード(其の弐):

« ボージョレ・ヌーヴォ | トップページ | インフルエンザ予防接種 »