« フルーツバスケット(21) | トップページ | 月9★のだめカンタービレ(プレ情報) »

空ノ鐘の響く惑星で(1)

異世界から落ちてきた少女が異なる世界を駆けめぐるライトノベル。

小野不由美さんの「十二国記」、茅田砂胡さんの「デルフィニア戦記」

荻原規子さんの「西の善き魔女」、そしてこの「空ノ鐘~」で、だいたい

制覇でしょうか(笑)他にもございましたら、ぜひオススメ教えて下さい。

空ノ鐘の響く惑星(ほし)で (電撃文庫)
渡瀬 草一郎
税込価格 : \578 (本体 : \550)
出版 : メディアワークス
サイズ : 文庫 / 301p
ISBN : 4-8402-2487-0
発行年月 : 2003.12
@niftyBOOKS~アット・ニフティブックス

現在12巻まで発行されてるのかな。まだ初巻。先はまだ長いので

序章の登場人物を揃えてる段階かと思われますが、それぞれ

異なる立場と状況と過去をもち、その上で、異世界からの来訪者や

この世界の謎に迫る物語になると思います。王宮に生きる王族は

荘厳華麗な式典やしきたりに浸り、聖職者や騎士達は、各々の

野心を心に燃やす。平穏を守りたい静かなグループが静かに画策し

その中で、毎日を過ごすたくさんの民たち。御柱から現れた少女は

何から逃れ、何を掴むのか、第四王子は何に向かうのか。

色んなことがここから動き出す、これから始まるって感じでしょうか。

|

« フルーツバスケット(21) | トップページ | 月9★のだめカンタービレ(プレ情報) »

ライトノベル」カテゴリの記事

半身浴で読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136751/12175753

この記事へのトラックバック一覧です: 空ノ鐘の響く惑星で(1):

« フルーツバスケット(21) | トップページ | 月9★のだめカンタービレ(プレ情報) »