« ゼノサーガ・エピソード3 | トップページ | 大神(レポート1) »

IWGP[電子の星]

石田衣良さん原作の「池袋ウエストゲートパーク」の中の1作

「電子の星」を、朝基まさきさんがコミック化した作品です。

実は・・・たぶん・・・石田さんの作品自体、これが初めてのはず。

朝基さんの「サイコメトラーEIJI」は大好きで、ずっと読んでました♪

IWGP〈電子の星〉 (週刊少年マガジンKC)
石田 衣良原作/朝基 まさし漫画

税込価格 : \480 (本体 : \457)
出版 : 講談社
ISBN : 4-06-363699-2
発行年月 : 2006.7
@niftyBOOKS~アット・ニフティブックス

色んな方の書評や意見をみてみると、マコトのトラブル解決の部分は

この作品の一面に過ぎないようで、この作品が訴えていることは

もっとずっと別のところにあるそうです。私はこれが初めてだったので

何も勘ぐらないよう、素直に読んでみました。

・・・いや、内容が、グロすぎて・・・ビックリで、怖かったですが・・・

少年マンガ用に、そういう部分を少し大袈裟に見せたところも

あるのでしょうが、今時にしては、ひねくれていない少年たちが

大切な誰かの為、どうしようもない自分の為に、進むべき道を

自分で選択して、自分で歩いていくという素直な物語でした。

「自分は何も出来ない負け犬なんだと、言えるように

挑戦して失敗してみる。失うものなんか、一個もない」

そうやって挑戦することが出来たら、私にしてみれば立派な

勝ち組だと思うのです。失敗して、悔しくても、恥ずかしくても

それは経験になる。間違わないよう、次はうまくいくよう

少しずつ成長していける。テルは頑張ったと胸を張っていい。

これから先の未来が劇的に変わるわけじゃない。これからも

変わらず静かな日々が流れいくことだろうけど、マコトに

出会えたこと、友人を救うことは出来なかったけど、自分で

仇はとったこと、テルにとって大きな財産になると思います。

原作、石田さんの他の作品も、そのうち、しっかり読んでみたいです。

|

« ゼノサーガ・エピソード3 | トップページ | 大神(レポート1) »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136751/11733389

この記事へのトラックバック一覧です: IWGP[電子の星]:

« ゼノサーガ・エピソード3 | トップページ | 大神(レポート1) »