« 最悪/奥田英朗 | トップページ | ゼノサーガ・エピソード3 »

紅梅は夜に香る(彩雲国物語)

新キャラ続々の王都編です。

王を守る鞘となった、鄭尚書令。けれども、なかなかすんなり

王家の血筋を守ろうとする仙洞省や、古く堅く締め切った

御史台と、足並み揃えて、いざ出発!とはならないようです。

紅黎深の「小僧などほっておけ、私を選べ」という言葉の

暖かさが少し分かってきました。黎深は悠舜を守りたい・・・。

けど、黎深が守りたい人に限って、皆おとなしくしていてくれない(笑)

彩雲国物語 (角川ビーンズ文庫)紅梅は夜に香る
雪乃 紗衣
税込価格 : \480 (本体 : \457)
出版 : 角川書店
サイズ : 文庫 / 223p
ISBN : 4-04-449911-X
発行年月 : 2006.9
@niftyBOOKS~アット・ニフティブックス

新キャラ1.うー様。小さな白いもこもこのおじいちゃん。

劉輝に嫁を娶らせ、蒼王の血筋を守ることがお仕事!

新キャラ2.タンタン君。一応、官吏。頑張り屋な秀麗と

対局にいる、いわゆる税金泥棒。本名・榛蘇芳。

新キャラ3.4.5.表現しようがないスゴイ一家の人たち。

この巻だけの「贋作・偽金」の部分と、これから先広がるだろう

官吏や貴族の中の争い。たくさんの伏線が張り巡らされてます。

考えるところは色々あるので、語り尽くせはしないけど、少しだけ。

秀麗が葉先生に確認した「私の身体こと」ですが、病気とかでは

ないんです。「子供が産めない身体」だということだと思います。

だから、誰の求婚も受けられないし、まして劉輝の嫁にはなれない。

でも、劉輝を支えると約束したし、絳攸に追いつくと約束した。

たくさんの素晴らしい官吏をみてきたし、自分を追いかけると

言ってくれた少女がいるから、秀麗は歩き続ける。

一人でも。ことごとく、その道を閉ざされても諦めない。

秀麗があんまり頑張りすぎるから、なんだか蘇芳には

世界が違う、温度が違うようで、まるで相容れないのだけど

あんまり相容れないから、勝手に賭けにしちゃうあたりは

某キラキラ若君を彷彿とさせてくれる部分もあり・・・。

結果、ものすごいことに辿り着いちゃって、秀麗は自分が

掴んだ証拠を、キレイに取り上げられて、官吏復帰の手がかり

まるごと逃したことも分からないほど、衝撃を受けてしまう。

でもそんなことより、すぐタンタンの救出の為に走り出す。

この辺の秀麗の基本的な気持ちの方向が、彼女らしくて

本当に主役にふさわしくて、いいなぁと思います。でも

秀麗の情熱は、彼女自身を焼き照らす炎のようで激しく厳しい。

秀麗に言わせると「その道を選んだのは私自身だ」ということ。

だから、そのことで弱音は吐かない。心にこみ上げる、辛く

ふてくされた感情は、一人の少女の一言でうち消され、また

前に進む原動力となる。「だれかに何かを期待する」なんて、ホント

しばらく忘れていた感情かもしれません。好意をあてにしてても

自分にいいことなんて、無い。してない方が、期待してた以上の

ものがあったとき、嬉しいから・・・とか。・・・ああ、やっぱり私は

誰も信用してないんだなぁ・・・。自分も他人も、寂しい人生だ・・・。

サブタイトル「紅梅」辞書ひきました。「表が紅と裏が紫(蘇芳)の織物」

という意味深な結果です。雪乃さんは、辞書ひけば一目瞭然と

書いていらしたけど、調べる前より意味が深まりました。さすがです。

もっかい頭整理して、読み直します♪伏線、全部に付箋つけてやる!

|

« 最悪/奥田英朗 | トップページ | ゼノサーガ・エピソード3 »

ライトノベル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136751/11690610

この記事へのトラックバック一覧です: 紅梅は夜に香る(彩雲国物語):

« 最悪/奥田英朗 | トップページ | ゼノサーガ・エピソード3 »