« レベル7/宮部みゆき | トップページ | ANOTHER NOTEロサンゼルスBB連続殺人事件 »

火の粉/雫井脩介

雫井さんの小説は「犯人に告ぐ」に続いて2冊目です。

もう1本ドラマで「虚貌」という作品も見ました。これも良かった。

事件や事故、私たちの日常とは、なんとなく離れたところにある

気がしている事実を、実はいつでもすぐ側で起こりうることなんだと

認識させてくれる作家さんです。

先週、その前かな、スマステの映画ランキングでゴロウちゃんが

映画「サイレント・ヒル」は全く怖くない、怖いのは日常生活の中で

起こること、ということを話していました。その通りだなぁと。

「サイレント・ヒル」はゲームとしてプレイヤーが最初から

別世界を認識して、自分で疑似体験するから怖いのだと思います。

映画になれば、客観的目線になるから、恐怖の度合いは小さい。

そういう点で、ゴロウちゃんが1位に選んだのが「日本沈没

こちらも読みたい。映画も気になる。大好きなクサナギ君と

柴咲コウちゃん。↓ここから、ようやく感想(多少ネタバレ)です。

火の粉 (幻冬舎文庫)
雫井 脩介
税込価格 : \800 (本体 : \762)
出版 : 幻冬舎
サイズ : 文庫 / 577p
ISBN : 4-344-40551-X
発行年月 : 2004.8
@niftyBOOKS~アット・ニフティブックス

物語は冤罪の裁判から始まります。事件のあらましが客観的に

説明され誰がどうみても「冤罪」、無理矢理起訴してきた警察や

矛先の違う憎悪を放つ遺族の姿の方が印象悪く感じられる。

裁判長・梶間勲は無罪判決を言い渡し、実母の介護を理由に退官。

その後の高裁もやはり無罪になり、容疑者・武内は自由になる。

退官した勲は大学で法学の教員となり、その一般講義に武内が

現れ、二人は挨拶を交わす。その後、勲のお願いを受ける形で

武内は生徒の前で「冤罪の体験談」を語る。その武内が、偶然に

勲の隣に引っ越してきて、普通にご近所つきあいが始まる。

仕事をしている勲よりは、妻や司法試験の勉強中の息子と

より親密になっていく武内。何か腑に落ちない、息子の妻。

550ページを越す文庫の真ん中あたりまできても、まだ

「この物語、本当にミステリーなの?」という雰囲気の穏やかさ。

それが、後半に突入すると、色んな人の思惑がいりまじって

「やっぱり、冤罪?気のせい?でも、やっぱり、少し気になる?」

どうにも不安な空気。完璧に疑うことも信じることも出来ない。

やはり話の発端は、最初の「冤罪になった事件」ようやく勲も

その確証を得るために動き出すが、そうする内にも家族が

得体の知れない毒に飲み込まれていく。時刻表も、密室殺人も

トリックは全くない、普通に日常と隣り合わせの不気味な物語。

読後の不気味さで「手放したい」と思った本は初めてかも。

文面はとても穏やかなのに、続きを早く読みたいと思わせる

雫井さんの文章はものすごーく上手い。本当に上手(うわて)です。

もう何冊か読んでみて、その書き方、勉強させて頂きます。

さて、次の半身浴の本は何にしようかな~。

|

« レベル7/宮部みゆき | トップページ | ANOTHER NOTEロサンゼルスBB連続殺人事件 »

半身浴で読書」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136751/11080206

この記事へのトラックバック一覧です: 火の粉/雫井脩介:

« レベル7/宮部みゆき | トップページ | ANOTHER NOTEロサンゼルスBB連続殺人事件 »