« ハリー・ポッターと謎のプリンス | トップページ | This Love/アンジェラ・アキ »

ダ・ヴィンチ・コード(其の壱)

まだ中巻を読み終わったばかりなのですが、昨夕フジTVの特集を

見てちょうど良いところまで、話がかみ合ったので読中ブログです。

処刑されたのなら、元々は神ではなく人だったということですから

「キリストが実在した人間だった」これは誰もが知る、事実。

恋人がいて結婚して子供がいる、不思議なことじゃないですよね。

フランスにはサラ王女の像をまつる教会があるのだから

その辺は、ダン・ブラウンが語る通り公言されない事実として

宗教学者たちはもとから分かっていることなんだと思います。

実際、書籍もたくさん発行されているようです。では、何故この

「ダ・ヴィンチ・コード」が問題視されているのか、読んでるうちに

少し分かったように思います。一つは、映画ではトム・ハンクスが

演じるアメリカ人大学教授とキー・ストーン研究に生涯を捧げる

イギリス人学者が「イエスは王統の復活を願っていた」「イエスの

亡き後、信仰(教会)はマグダラのマリアにゆだねられていた」と

語るシーン。これが事実であるなら、もし今も、イエスの血が続いて

いるのなら、真のカトリック信者こそ、イエスの血を受け継ぐ人を

教会、もしくは国のトップに位置づけたいと考えることでしょう。

日本では宗教は、とても自由だけれども、世界ではそうではない。

宗教の為にこれまでも、今も、戦争が起こっている。これを教会が

認めてしまえば、戦争の芽にもなりうるのだということです。これは

何も分かってないけど一応仏教徒の私にも、関係ない問題ではない。

戦争がおきれば、他国にたくさんの物資を頼ってる日本の立場は

ものすごく危ういし、戦争不参加の憲法がある日本は

お金でアメリカに守って貰う条約を既に結んであるわけです。

この憲法も条約も、私は良いと思っています。問題なのは

戦争が起きるかもしれない芽の方ではないでしょうか。

そうなると、確かにこの本は問題書籍。あやういものです。

しかも、ハリー・ポッター6より売れてそうです・・・。

もう一つは、これは日本だからこそ考えるべき問題だと思いますが

日本では亡くなった方は仏様であり、ご先祖様であり、時には

守護者なのかもしれません。亡くなった方は、神ではありません。

これを国を統一するため、イエスは神とされ、新約聖書が作られた。

さて、同じ例が近代日本にもあるのです。戦死者を神として奉る

国際問題の靖国神社でございます。この本を読むまで、どうして

日本の総理が日本の神社にお参りすることを、そんなにも疎むの

だろうと、思ってました。戦犯者と言いますが、中には悪い人も

いたかもしれませんが、戦争の責任を背負って死んでいった人であり

亡くなったのだから、安らかに眠らせてあげるべきだと思います。

でも、この本を読んで思い当たったのは、イエスは死んで後

神とされ、奉られ祈りを受け、唯一絶対の神として地球上3割の人が

信じる神なのです。そういう視点の人たちから考えたら、靖国神社は

亡くなったたくさんの御霊を神とする、イエスに匹敵する地位に置く

許せない異教。そこを日本の総理が公式で参詣するということは

まるで国教に見えないでしょうか。これは恐ろしいです。ローマ法皇が

亡くなったとき、G8で日本だけは総理が出席しなかった。あの時は

「なんで!?」と思ったけど、小泉さんは行けなかったとかではなく

行かなかったんですね・・・。足を踏み入れることができないんです。

総理を辞めても、単身で海外に出ることはやめた方が良さそうです。

もちろん、宗教は自由であり、尊重しあうべきもので、日本には

他にも元々人であった神様がたくさんいるというもの事実です。

・・・というか、日本ではちょっと前まで、天皇陛下が神様でした。

ああ、もっと見えてきました。そうか北朝鮮は今もそうなんですね。

だから、某国は今の制度を壊そうとしているのかもしれません。

日本は、拉致や、貧困問題に、人道的に対応してくれれば

別に今の将軍様制度でもいっこうに構いませんもんね。

まだまだ書けそうですが、残りは下巻読み終わってからにします。

->其の弐(2006.11.18)

|

« ハリー・ポッターと謎のプリンス | トップページ | This Love/アンジェラ・アキ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136751/10168495

この記事へのトラックバック一覧です: ダ・ヴィンチ・コード(其の壱):

« ハリー・ポッターと謎のプリンス | トップページ | This Love/アンジェラ・アキ »