« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

ホタルノヒカリ(5)

今回も、表紙の絵柄はとっても可愛いオシャレ系OLですが

帯のあおりは「がんばりすぎて、ヒゲが生えました」と

みごとな、干物女ブリ。オヤジもサラリーマンもビックリです。

・・・最近は、チョイ悪オヤジブームで、オヤジの方がオシャレ?

ホタルノヒカリ 5 (KCKISS)
ひうら さとる

税込価格 : \410 (本体 : \390)
出版 : 講談社
発行年月 : 2006.4
@niftyBOOKS~アット・ニフティブックス

「誰かの為に、例えその場限りでも無理して取り繕うこと」って

ウソでもなければ、騙したわけでもない。その人の為だから

やったこと、干物女にしてみれば「その人の為だから出来たこと」

なんだよね。自分の努力と時間をつぎ込んで、自分の予定通り

完璧に成し遂げることができるユウカちゃんの姿勢も好きだけど

ホタルの30分半(45分?)のドリームも私は、かわいくて好きだなぁ。

「自分のなりたい理想の自分になるため」例え辛くても、私は己を

律する道を選びました。その為に、自分の女としての一生は今は

棚上げすることに。もしご縁があれば、その時は、市の為、県の為

国の為、絶対3人産んで育ててやろうと思いますが、今の一番は

違います。でも、女として生きていくことは、この先死ぬまで

絶対変えようがないことなので、身なりやふるまい、女性ホルモンには

気を付けなくてはいけないのだわ・・・と気づかされました。ヒゲは嫌!

ありがとう、ホタル。神経質で金属アレルギーで、光り物は絶対

身につけたくないのだけど、ビーズアクセサリーは自分で作って

克服してみようかと思います。・・・どっちかっていうと、作る方が

面白そうで興味あるので、作ったら満足して終わりそうな気も・・・。

いや、簡単に作れるもんかしら?途中で挫折しそう・・・。

数年前ストラップはなんとか出来たけど、アクセサリーって

どうやるんじゃ?・・・とりあえず一度セットの箱を買ってみよう♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

藍より出でて青(彩雲国物語外伝)

トアル若君・藍龍連の関わる彩雲国サイドストーリー。

なんというか、この若君は、本編中そう出番は無いのですが

ものすごいインパクトと存在感があり、サイドキャラに

無理矢理収めておかないと、本編が大変なことになる御方です。

・・・・・・既に手遅れ・・・・・・?

彩雲国物語 (角川ビーンズ文庫)
藍より出でて青


雪乃 紗衣〔著〕
税込価格 : \500 (本体 : \476)
出版 : 角川書店
発行年月 : 2006.4

@niftyBOOKS~アット・ニフティブックス

ショウカ様の言葉の通り、人から受けた信頼や好意は、自分が

相手と同じくらいと思う以上の信頼と好意で返さなければならない。

それが出来ないなら最初から関わらない方がいい。

この心に私も同意です。「信頼や好意に応えられなくとも

別に嫌ってるわけではない」っていうのは、信頼した方に

してみたら、十分な「裏切り」。「私のこれだけの信頼に対し、お前は

これだけしか答えられないのか、残念だ、私に見る目が無かった、

期待した私がバカだった」・・・ということになります。だから先ず

最初に必要なのは、己を律すること。己がどれだけ出来るか把握し

そこに達するまでの努力が出来ると己を信じること。相手の好意に

頼り、信頼し、任せるのは、その後の話。でも、きっと龍連は秀麗や

影月が、期待通りの答えを差し出さなくても、たぶん落胆はしないし

気分を害することもない。自分が一方的に信頼したのだから、その

覚悟は前提にあるんです。でも、秀麗も影月も裏切らないし、いつも

期待以上で返してくれるので、更に恐ろしい御礼の暗黒スパイラルに

ハマっていくんですが・・・。賭博、しかも、双方、いんちき疑惑・・・。

さて、アニメスタートです!予告をチラリと見ました。大好きな物語の

主題歌が、大好きなアーティストになる確率って、どんな値でしょう?

平原綾香ちゃんの「はじまりの風」優しく、強く、己を律するイメージが

秀麗と綾香ちゃんとてもしっくりきます!放映開始が楽しみです♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »