« 3月 | トップページ | キングダムハーツ2(レポその2) »

キングダムハーツ2(レポその1)

<<現在地点:スタート~トワイライトタウン~イェン・シッドの塔>>

「目指せ!国家資格取得」なんて大口叩いておいて、次のブログが

ゲームネタってのも、やる気の無さを思わせますが、そうではなく

意識に区切りがついたので、時間の使い分けも理性で制御できる

ということです。自分の中のやりたい、知りたい欲求・情熱・衝動は

本も映画もゲームもドラマも、オシャレもメイクも満足いくまでやる!

本題。ソフトは中古で2980円、ありがとう、ブックマーケット♪

ゲームボーイアドバンスのチェインオブメモリーはやってないので

間の物語を全く知らないのですが、どうもソラも覚えてないようです。

アンセムを倒して眠りについた・・・みたいな解釈になってますが

ミッキー王もいるし、リクのキーブレードもあるようなので

おそらく、もう一つの扉を開くことができたんじゃないかと思います。

その時ソラの心はバラバラに。残った身体(ノーバディ)がロクサスに。

冒頭、ロクサスを操作してトワイライトタウンを冒険すること3時間。

なんでソラじゃないの?と疑問に思いながらも、だんだん愛着が

沸いてきた頃に、ロクサス→ソラに操作キャラ移動。・・・3時間も

たってから「KINGDOM HEARTS II」なんていうタイトル文字

見せられたのも初めてで「今から?こっからかい!?」とツッコミも

入れたくなりましたが・・・まぁ、それはおいといて、ロクサスのこと。

イェン・シッド師匠のお話によると、人の心が闇に捕らわれると

黒いぽよぽよのハートレスに。その時、残った器がノーバディ。

意識の無いはずのノーバディの中でも意識の有る者が13機関。

ロクサスはおそらく、ソラのノーバディ。二刀流だったので、たぶん

リクのノーバディでもあるんだと思います。ロクサスとして意識を

持ったとき、キーブレードも引き継がれ、13機関を離れた。

その後、13機関に囚われ、彼らの作り出した仮想現実のデータの

町「トワイライトタウン」で、ずっといた仲間のように過ごしていた・・・。

記憶も自分のことも思い出したロクサスが、自分の存在が

消える瞬間の台詞で、泣きそうになりました。「俺の夏休み・・・」

スクエニとディズニーですから、ロクサスの意識をこのまま

眠らせておくことは無いでしょう。どう繋がっていくのか楽しみです。

ところで、私は7以降しかやり込んでないので、あまり正確には

把握してないのですが、セッツァーってあんなギャグキャラ扱いで

良い人でした???なんかもーちょっと威厳のある方だった気が。

サイファーは相変わらずかっこ良かったです。

子安さんを持ってくるあたり、スクエニ、ほんとニクイっ!!

|

« 3月 | トップページ | キングダムハーツ2(レポその2) »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136751/8920685

この記事へのトラックバック一覧です: キングダムハーツ2(レポその1):

« 3月 | トップページ | キングダムハーツ2(レポその2) »