« ヘンデル オラトリオ「メサイヤ」 | トップページ | キングダムハーツ2(レポその1) »

3月

めちゃくちゃ雪も降っていますが、3月です。

今年も1/6終わってしまいました。何もしてない・・・。

荒川静香さんのフリーの演技、そこまでのドキュメンタリー

マキアージュCMタイアップドラマ「ウーマンズ・アイランド」

この辺をみて、ずっともやもやしてたものに区切りがつきました。

昔、キャリア・ウーマンになりたかった。でも肩で風を切って

男の人と対等になろうと、そればかり考えて突っ走って

彼にも、両親にも、絶対頼らずに弱音を見せずに、結局

自己崩壊を起こし、ノイローゼになり自殺衝動にかられた。

そこから半年くらい、誰も信じられなくて、働くことはおろか

家から出ることもできなくなった。病院にも行けなくて

身体をどんどん壊して、本とゲームとマンガに逃げていた。

この期間、良いことももちろんありました。必然的に、家事を

担当することになったので、共働きの両親がいかに苦労して

私を大きくしてくれたのか、少しわかりました。分かってから

少しずつ、スーパーに通えるようになり、欲しいCDを買いに

レコードショップに行けるようになり、雑誌を買い、身なりを

整えるために服を買い、実は一番のストレス要因になっていた

メイクアイテムを買って、少しずつ化粧ができるようになりました。

今では、お前の準備は何時間かかるんじゃ!という有様です。

今の職場に入るときも怖くて怖くて仕方なかった。でも、ものすごく

良い人ばかりの良い職場で、仕事は厳しいし、内容も盛り沢山だし

でも、仕事ってこうやって人がお互い「ここまでやってくれる!」と

信頼して、必然的にワークシェアしあって、成り立ってるのだと

目が覚めて、本当にここに来られて良かった。良い人ばかりで

甘えてしまった。私がいないと困るはず、なんて勝手に思いこんで。

そうじゃない。私は誰にでも出来る仕事しかしてないし、私のように

苦しんでる人がいるなら、この場所はその人に譲らなくちゃいけない。

しがみついて、誰にも渡したくなかったのは、私の方だった。

ここに誘ってくださった方に恩はあるけど、私は私の納得いく

道に早く戻らなくちゃいけない。死んだら終わりなんだから。

どうにもならなくなってから、未練とか後悔とか残さないように。

私が目指したかったのは、自分で納得できる人間になること。

男と対等だとか、同じ仕事をしたいとか、そういうことじゃなく

私ができる仕事を、私らしく、やりたいなぁと。

子供は欲しいし幸せな家庭も欲しいけど、そこは1番じゃない。

私は、この世で仕事がしたいのだと。

良い人、良い職場ばかりじゃないから、辛い道になるかもしれない。

それでも、自己崩壊起こしても、死にたくなっても、また戻れると

自分を信じてみようと思います。秋までに1つ国家資格を目指します!

|

« ヘンデル オラトリオ「メサイヤ」 | トップページ | キングダムハーツ2(レポその1) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

そーか、大変だったのですね。
私は、37歳の今の今まで、仕事では仕事が出来ずに
挫折するのではなく、人間関係や、自分の考え方の柔軟性の欠如で
自分を苦しめてきました。
菜の花さんとはケースが違うと思うけど
でも、辛かった菜の花さんの気持ちチョッとわかります。
私は、髪がねボロボロに抜けたんだよね~。
直径6~7cmハゲが6個くらい(笑)
腰までのロングにしてたから、なんだか
ホラーっぽかった。ははは。
でも、今はそんな事があって良かったかな?って
思えるようになりました。

菜の花さんがいつか、「頑張れっていわれるのがあまり好きではない」と言ってた
意味が分かりました。
でも、今の菜の花さんは頑張ってますね。
ステキです。

投稿: ベリー | 2006年3月 4日 (土) 14時23分

こんばんは。まだまだ頑張っていないですよ。
「がんばれる」というレベルにも到達できて
いないです。その覚悟がまだ足りないですね。
意識して頑張るのではなく、少しずつ自分の
夢を掴む為、努力をすることに慣れるという
段階でしょうか。今はそれが嫌にならないよう
遊びもオシャレも仕事も均一にしている状態。
「逃げる」とか「自分への言い訳」って簡単
なんですよね、でも「逃げる」「言い訳」と
自分で言うからには、自分で逃げてる自覚が
あるわけで、ちょっと考えてみれば、もの凄く
情けないことだと気が付いただけなのです。
生きていく以上、人とぶつかること
譲れないことで、ケンカして憎しみ合うことも
あるかもしれない。でも「夢」に向かうと
決めたならば、それも覚悟しなくちゃいけない
のだと、それだけ分かっただけです。
まだ覚悟はできていません(笑)だから
これからも、泣いて傷ついて死にたくなって
自分に甘えて、逃げて、言い訳すると思う。
でも、自分で決めたのなら、それでいいし
いつか立ち直れると、ウソっぽくても自分を
信じてみようと思えるくらいになりました。
全然、説得力ない文章ですね~(笑)
己が苦しんだことを忘れなければ、これから
出逢う人に対しては、優しく強くなれます!
いつか「頑張った」と言えたらいいなぁと思ってます。

投稿: 菜ノ花 | 2006年3月 4日 (土) 22時58分

長くなったので分割です。
対人ストレスで、みんなたくさん身体に不調抱えてて
こんな小さな国の、狭い町の、ちっぽけな自分が
どうして、こんなにも苦しまなくちゃいけないんだろうって
ぐるぐる真っ黒になって、ホントに寿命が一番長い国かなぁ
なんて思っちゃいますよね(笑)
でも、個々がそうやってぐるぐる悩むから、人の傷みが
良く分かる国民性が育つのかもしれません。
与えられた仕事をこなしていればいい外国の考え方と違って
日本の社会は、常に人との繋がりで成り立っています。
それを、百年しか生きない個人が変えようってのは無理な話で
だったら変わるのは、個人しかないんです。
ベリー夫人のおっしゃる通り、柔軟性なんですよね。
どこまで他人を受け入れて、自分の譲れないものは何なのか。
とりあえず・・・いっぱい話してみることでしょうか。
噂や、他人づてじゃなくて、本人と自分の言葉で。
そうすると、いつのまにか、人の繋がりで成り立つ社会が
強い味方になってくれる気がします。
あんまり信頼しすぎても「リストラ!」って
切られることもあるので油断は禁物ですが。

投稿: 菜ノ花 | 2006年3月 4日 (土) 23時22分

仕事に対する自分の姿勢。
夢に対する自分の姿勢。
いろんな事に対しての自分のあり方。
とっても共感できました。
私も突然働く事になったので
しっかりと心に焼き付けて、
あんまし力まず、頑張らないつもりで
やっていきたいと思いました。

投稿: ベリー | 2006年3月 5日 (日) 09時30分

こんにちは、いつものことながら返信が鈍くて申し訳ありません。
働くことになったのですね~、あまり気負わず頑張りすぎず
せっかくだから新しい世界を楽しんじゃえ~くらいの
楽な気持ちで、楽しく明るく前向きな気持ちで行きましょう~♪
新しい世界の中には、嫌なことも辛いこともあるかもしれないけど
信頼できる誰かに出会える機会もあるかもしれません。
私もブログでベリー夫人とお知り合いになれました♪

投稿: 菜ノ花 | 2006年3月 8日 (水) 12時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136751/8890652

この記事へのトラックバック一覧です: 3月:

« ヘンデル オラトリオ「メサイヤ」 | トップページ | キングダムハーツ2(レポその1) »