« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

大鷲の誓い(デルフィニア戦記外伝)

ナシアスとバルロ、若かかりし二人の物語。

バルロの剣術指南がナシアスだったとは思ってませんでした!

本編中、二人の会話のどこかに、ちゃんと書いてあったのかも

しれませんが、さらっと読み流していたんだと思います。

よくよく考えてみたら、この二人、どこで出逢って、どうやって

こんなに仲良くなったんだ!?という間柄だったのですよね~。

大鷲の誓い (C・NOVELS Fantasia)
デルフィニア戦記外伝


茅田 砂胡著
税込価格 : \945 (本体 : \900)
出版 : 中央公論新社

@niftyBOOKS~アット・ニフティブックス

一旦、剣術の稽古を離れてしまうと、生きてきた環境の違う

二人なので、そりゃもーまったくかみ合わない。けれど相手に

自分の常識を押しつけたり、強要しないところが二人らしい。

バルロは大物貴族で、猪突猛進で、女性との交流が華やかで

私のイメージは間違っていなかったけど、ナシアスに関しては

だいぶ誤解していたようです。「したたか」というか、剣術指南の

ときにも見せていたように、相手の勢いや気持ちを「いなす」

うまさがある人なのだなぁと。それでいて、女性に対しては一切

それが出来ない(笑)後にバルロとナシアス、二人の団長の

副官となるアスティンとガレンス。こちらの二人のことが読めたのも

とても嬉しかったです。特にガレンスについては、更にその半生を

読んでみたいと思いました。農村に生まれて、副団長になるまで。

そういえば、この人はリィとやりあった人でもあったはずです♪

・・・この本を読み終えた、ほとんどの人が考えることだと思いますが

「本編18冊を別の視点で読み返してみたい」と思います・・・。

おそらく、それだけでは済まなくて、どうぜ「暁の天使」とか

「スカーレット~」シリーズまで読み返したくなるのは分かってますが・・・。

新しい物語もたくさん読みたくて、読書だけじゃなくて色々やりたいことが

あって、仕事も結構忙しくて、時間が足りなくて、考えてみたら

意外と私、充実した日々を送ることが出来ているようです。

その上、現状に満足できず、目標の自分を思い描くことが出来る。

この姿勢は、納得いく今の私の姿かもしれない。この調子!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キングダムハーツ2(レポその7)

<<現在地点:~色々たくさん端折って、いっきにエンディング>>

8時間半かけていっきにエンディングまで辿り着きました。

ビギナーモードだったので、戦闘ではほとんど苦労するはずがないと

思っていたのですが、レベル50ではセフィロス戦1分もちません。

気合い入れて育てなきゃいけないみたいなので、先にラストまで

辿り着いてしまおうと思ったのです。おかげで、エンディングムービーは

けっこう欠けた状態でしたが仕方無いです・・・。この物語は主人公が

リクだったら、かなり暗くて根が深くて、エヴァンゲリオンみたいな展開に

なっていた可能性もある、心理学+科学のものすごいテーマでした。

光と闇が共存し、同時に虚無も受け入れるソラとリク。科学者である

ゼアノートの方が、彼らの言葉に立場を無くしていくように見えました。

ソラは「だまされない、お前には心は無い」と言い切ったけど、私には

心があるように感じた。キングダムハーツ=世界の心が欲しいという

欲望は、心じゃないのかな。ノーバディの強い意志でしかないのかな。

もう一度最初から、今度はノーマルモードで気合い入れて育てます。

ホントは前作のファイナルミックスの最初から、ちゃんとカイリとソラと

リクの心を追いかけなきゃいけないし、もう一つのエンディングも

もっとしっかり焼き付けて、それから2に入ればいいんだろうけど

そうやりこんでる余裕も無いので。--主軸がものすごく重いテーマ

なので、まわりのワールドの存在が軽く感じられてしまい残念です。

こうなってしまうと、ミュージカルに特化したアトランティカが一番

良かったなぁとも思えます。もっと戦闘とか物語とかそれぞれ重みが

あっても良かったんじゃないか、ソラが苦しんで泣くくらいの精神的

重圧があった方が作品として良かったんじゃないかなぁと思います。

そうなると、ちょっと全年齢対象ゲームの領域は越えてしまうけど

材料、土台、テーマがもの凄く良いだけに、とっても勿体ないです。

・・・意外にビギナーモードだから、ということもあるかしら?違いを

楽しみながら、やりこみスタート!ちまたではFF12がスタートですね~。

私が辿り着くのはいつかしら、次はダージュオブケルベロスかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キングダムハーツ2(レポその6)

<<現在地点:アトランティカ~ザ・ランド・オブ・ドラゴン~

                  ビースト・キャッスル~ポート・ロイヤル>>

ソラの魔力があがったところで、アトランティカ♭ミュージカル第3章♪

きました!「アンダー・ザ・シー」・・・でも日本語の歌詞があまりにも

字余りでミュージカルのテンポとか雰囲気が勿体なかったかなぁ。

そしてまた、ソラの魔法が足りてないそうで、一時離れることに~。

「ムーラン」の世界に降り立つと、山に黒コートの男が出没している噂。

追いかけてみると、大量のハートレスと、13機関のリク(?)登場。

宮城でのボス戦はけっこう大変でした。初めて、戦闘中にキャラチェンジ。

リクは皇帝に助言を伝えに来たようです。ノーバディじゃない?リクのまま?

「美女と野獣」では、まさにあのダンスシーン。あのテーマソングが流れる

寸前で、ノーバディ登場。・・・このぉ。バトル自体は、やはりビーストが

強いので、楽ちんでした。バラを取り返した瞬間のベルの顔がホント

楽しそう・・・(笑)正装ではなかったけど、ダンスシーンも見られたし

心残りは、お皿のミュージカル「Be our guest」が無いことかなぁ~。

「パイレーツ・オブ・カリビアン」では、金貨の呪いが復活。スパロウ船長と

また海を駆けめぐりました。月の光の無いところでの雑魚バトル

金貨を吸い取るめんどくさいボス戦。時間ばっかりかかって、イライラ

するので、こーいうのは苦手です。電気の無駄・・・とか感じてしまう。

それを言ってしまえば、ゲーム自体が電気の無駄なんですが、一応

私のゲーム時間帯は、夜間料金。コンセントタップに電源スイッチと

電流メーターのついたものがあるみたいなので、家電量販で探したい

なぁと思っておりますです。確かN社でキティちゃんが付いてるヤツ?

話がそれました。チップとデールの解析によると、ソラたちが活躍する毎に

ワールド上で何かの反応が強くなるようです。さぁ、次はコロシアム!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キングダムハーツ2(レポその5)

<<現在地点:プライド・ランド~トワイライトタウン

              ~ホロウバスティオン~スペースパラノイド>>

・・・ドナルドが空を飛んでる。飛べない鳥、そこがチャームポイント?

ソラが子供ライオン、グーフィは陸カメ、ドナルドはたぶんペリカン?

サバンナのスピード感溢れるダッシュぶりがものすごく良かったです。

なんというか、子供ライオンのソラを見ていると「ライオン・キング」

というより、日本人にとっては「ジャングル大帝」のイメージが・・・。

映画もそうだったけど、全然気弱でその気になれないシンバが

ひとたび決意して、その気になったら強い強い。決起して5分で

エンディングになっちゃうのよね。ライオンやイノシシたちは流暢に

喋るのに、猿科の長老さんだけがカタコトしゃべり、これも不思議(笑)

ここでトワイライトタウンへ、でもカイリの情報を少し得ただけでした。

風紀委員長サイファーがやっぱり、いい味だしてます。好きだなぁ。

前半の山場になるのかな、ホロウバスティオンへ急行。クラウド登場

セフィロスを探しているとのこと、自分自身の為に決着を付けたい様子。

姿はアドベント・チルドレン仕様でした。アンセムの部屋へ移動すると

今度はティファ登場。クラウドを探しているとのこと、かなり凶暴・・・乱暴。

データの中の世界へ移動。スティッチは見てないのですが、スティッチの

世界なんでしょうか?全く別物?イメージ的にはマトリックスみたいな?

ここで、ようやくミッキー登場。ミッキーが探している賢者アンセムとソラたちが

闘ったアンセムが別人であることが判明。ソラが闘った偽アンセムが、賢者

アンセムの弟子ゼアノートのハートレス。そのノーバディが13機関のリーダー。

色々なことが分かってきて、情報が混乱してきたところで、連続バトル突入。

ユフィ、スコール、ティファ、クラウド・・・ソラの加勢が要らないほど、強いっす。

お宝ハンター3人組ユウナ・リュック・パインもマレフィセントからレオンに

寝返って、7以降のFFメインキャラ総勢バトルとなりました。スコールと

クラウド、7と8の主役のドッグバトルなんて、ハートレスとかノーバディの

心配より世界が壊れる心配をしちゃいました。二人であの大剣構えたら

間合いどのくらいよ・・・、危険じゃ。クラウドvsセフィロス。この二人こそ

もしかしたらホントにハートレスとノーバディの関係なんじゃないかなぁと

考えてしまいました。心を求めるハートレス=クラウド、心を持たない器の

ノーバディ=セフィロス。決戦は持ち越し?ソラvs雑魚1000匹。疲れたけど

達成感は充分ありました。で、13機関の一人を消滅させて、アクセルを

退けたところで、ミッキーは闇の世界へ。ソラもマレフィセントに庇われて

闇の世界へ。闇の世界でみつけた箱には、写真としょっぱくて甘いアイス。

「奪われた思い出」=光りを見いだしたことで、元の世界に戻れた3人。

アクセルはロクサスに戻って欲しいと思っている。13機関はそうされては困る。

ソラにはハートレス退治を続けて欲しい。キーブレードによりハートレスから

解き放たれた心は、キングダムハーツになる。13機関もマレフィセントの

目的もキングダムハーツ。ソラにとってキングダムハーツは光。

繋がってきたような気もするんだけど・・・。資料が足りない・・・。前作の

アンセムレポートが読みたい。2のオープニング。ソラを眠らせたナミネ。

チェインオブメモリーもやってみたいんだけど、小さいゲームは苦手です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キングダムハーツ2(レポその4)

<<現在地点:ポート・ロイヤル~アグラバー

                ~ハロウィンタウン~アトランティカ>>

ポート・ロイヤルの前にアトランティカ「リトル・マーメイド」の世界が

出てるのですが、ソラの魔法が足りてないので、後回し~。

・・・実写さながらの「パイレーツ・オブ・カリビアン」でした・・・。

美麗CGのジョニー・デップ&オーランド・ブルーム。ソラたち

アニメキャラとのバランスが・・・イマイチ、イマニ。彼らのバランスを

なんとか保ってくれてるのが、呪われた海賊たちのゾンビ姿(笑)

戦闘のBGMも、映画のあのかっこいい海賊っぽい音楽でした~♪

久しぶりに映画見たくなったよ、ディズニーリゾートにも行きたいなぁ。

映画の続編は、日本では夏以降公開になるのかな。これも楽しみ。

「アラジン」は前作の続き。順調に、アラジン2の世界のようです。が、

ここも消化不良。ピートが暴れてるだけ。また来る事になるだろうなぁ。

と、ここまで進んだところで「トワイライト・タウン」が再度出現。

カイリが世界移動したようなんですが、レベルが足りてないので

先に「ハロウィンタウン」へ。今回はハロウィンじゃなくて、クリスマス。

そして山猫ピートではなくて、魔女マレフィセント登場です。ブギーを

復活させて使おうと思ったらしいのだけど、ブギーが使えるわけがなく

・・・この人も部下に恵まれない、かわいそうな人なのかも・・・。

よくよく考えたら、このおばさん、どこの世界の魔女なんだろうね。

なんとなく、白雪姫の毒リンゴの魔女かと思ってたんだけど

ビーストに薔薇の呪いをかけた人なのかもしれないんだよね・・・。

魔法「マグネ」を拾得できたらしいので、アトランティカへ。

ミュージカル第2章。うーん、このボタン押しミュージカルミニゲーム

せっかくだから、何もしないで鑑賞したいと思うのは私だけ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キングダムハーツ2(レポその3)

<<現在地点:オリンポスコロシアム~ディズニーキャッスル

                        ~タイムレス・リバー~グミシップ>>

前作で最もやり込んだ闘技場にたどり着いてしまいました。今度も

あっさりクラウドに逢えるかと思ったのですが、今回はちゃんと

英雄ヘラクレスがメイン。ハデスが冥界から戦士を召還するシーン。

セフィロスが現れたらどうしよう、きゃ~♪なんて思っていたのですが

あんなのが出てきたらストーリーが成り立つはずがないので、なんか

もっと別なもんだろうと考え直したのに、出てきたのはアーロンさん。

「お前の物語だ」「脱出するまでガードになってやる」自分が召還された

こととか、ここはどこだ、何事だと、騒がずとっても冷静。慣れてる?

脱出したらあっという間にいなくなってしまいましたが、強すぎです。

グーフィもドナルドも、正直ソラも必要ないくらい、強いガードでした。

闘技場ボロボロのままだし、ヘラクレス落ち込んだままだし、ここも

また他のストーリー残ってて再度来ることになるだろうなぁ。闘技場も

誰が登場してくれるのか、楽しみです。13機関の一人がロクサスを

呼び覚まそうとしたけど、ソラには当然何のことだか分からず・・・。

ロクサス、ナミネ、13機関、アンセム、ううう、まだ全然繋がらない!

ディズニーキャッスル☆BGMにミッキーマウスマーチが流れてる~♪

いやはや、本物のディズニーの世界だなぁと嬉しくなっていたら

なんと!白黒声無しのディズニーまで遡ってしまいましたよ!!

ソラの目がペンで書いたような昔のマンガの目。キャラも厚みが

なくて2次元っぽい。作り込んだねぇ、スクエニ、さすがです。

ディズニーキャッスルが元に戻ったところで、ゲートが二つ開き・・・

ここで、グミシップにどっぷりハマってしまいました。3時間くらい。

グミ工房で、Sランクを取れるスピード+攻撃性+HP+パワーの

追求を始めてしまいました。1時間くらい続けたら軽く酔ったのですが

2時間経ったら慣れて、3時間経つ頃には、夜中2時にも関わらず

頭も目も冴えきって、動体視力も極限まで上がりとっても楽しかった。

・・・物語を忘れそうな勢いです・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キングダムハーツ2(レポその2)

<<現在地点:ホロウバスティオン~ザ・ランド・オブ・ドラゴン

         ~ビーストキャッスル~ホロウバスティオン>>

前作では、ラストダンジョン扱いとなった、ホロウバスティオン。

本来の、トレジャータウンとくっついた元の世界に戻ってますが

それでもなんだか不穏な雰囲気。・・・またしてもクラウドいないし。

レオンが自分の名前を封じたままというのも、切ないなぁと。

前作プレイしていたときは、そんなこと思わなかったけど、何も

できなかった自分を否定したくて、でも出来なくて、戒めのように

自分の過去を名前ごと封印してしまったんだろうなぁって。

とりあえず、世界を繋ぐゲートをみつけてしまったので、一旦移動。

バトルレベルが低い「ムーラン」の世界へ。この辺から、本格バトル

スタートです。まぁ、死ぬことはないし、○連打して、時々でてくる

緑の△に合わせて、△押してれば、気持ちよくサクサク勝てます。

男装していたピンより、ふっきれたムーランの方がだいぶ強い(笑)

ほぼ物語通りエンディングを迎えて、次の世界「美女と野獣」へ。

今回は、城のお仲間も登場して、ダンスホールも歩けたりして

アカデミー賞にもノミネートされた、ミュージカルやダンス場面を

見られるんじゃないかと期待したりもしましたが、そんなところまで

全然辿り着かなかったです。ビーストはビーストのまま、呪いのバラの

花びらはまだ10枚くらいはくっついてました・・・。でも、なんとなく

ここは、もう一度戻ってくることになるだろうな、という感じがします。

で、ここまで来たら、突然ホロウバスティオンに強制的に戻され

そのまま絵本の中の「100エーカーの森」へ~♪いやぁん、プーに

こんなに早く再会できるなんて思ってなかったよー。かわいいよー。

ページをちぎられてしまったので、また探して戻るから、待っててね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キングダムハーツ2(レポその1)

<<現在地点:スタート~トワイライトタウン~イェン・シッドの塔>>

「目指せ!国家資格取得」なんて大口叩いておいて、次のブログが

ゲームネタってのも、やる気の無さを思わせますが、そうではなく

意識に区切りがついたので、時間の使い分けも理性で制御できる

ということです。自分の中のやりたい、知りたい欲求・情熱・衝動は

本も映画もゲームもドラマも、オシャレもメイクも満足いくまでやる!

本題。ソフトは中古で2980円、ありがとう、ブックマーケット♪

ゲームボーイアドバンスのチェインオブメモリーはやってないので

間の物語を全く知らないのですが、どうもソラも覚えてないようです。

アンセムを倒して眠りについた・・・みたいな解釈になってますが

ミッキー王もいるし、リクのキーブレードもあるようなので

おそらく、もう一つの扉を開くことができたんじゃないかと思います。

その時ソラの心はバラバラに。残った身体(ノーバディ)がロクサスに。

冒頭、ロクサスを操作してトワイライトタウンを冒険すること3時間。

なんでソラじゃないの?と疑問に思いながらも、だんだん愛着が

沸いてきた頃に、ロクサス→ソラに操作キャラ移動。・・・3時間も

たってから「KINGDOM HEARTS II」なんていうタイトル文字

見せられたのも初めてで「今から?こっからかい!?」とツッコミも

入れたくなりましたが・・・まぁ、それはおいといて、ロクサスのこと。

イェン・シッド師匠のお話によると、人の心が闇に捕らわれると

黒いぽよぽよのハートレスに。その時、残った器がノーバディ。

意識の無いはずのノーバディの中でも意識の有る者が13機関。

ロクサスはおそらく、ソラのノーバディ。二刀流だったので、たぶん

リクのノーバディでもあるんだと思います。ロクサスとして意識を

持ったとき、キーブレードも引き継がれ、13機関を離れた。

その後、13機関に囚われ、彼らの作り出した仮想現実のデータの

町「トワイライトタウン」で、ずっといた仲間のように過ごしていた・・・。

記憶も自分のことも思い出したロクサスが、自分の存在が

消える瞬間の台詞で、泣きそうになりました。「俺の夏休み・・・」

スクエニとディズニーですから、ロクサスの意識をこのまま

眠らせておくことは無いでしょう。どう繋がっていくのか楽しみです。

ところで、私は7以降しかやり込んでないので、あまり正確には

把握してないのですが、セッツァーってあんなギャグキャラ扱いで

良い人でした???なんかもーちょっと威厳のある方だった気が。

サイファーは相変わらずかっこ良かったです。

子安さんを持ってくるあたり、スクエニ、ほんとニクイっ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3月

めちゃくちゃ雪も降っていますが、3月です。

今年も1/6終わってしまいました。何もしてない・・・。

荒川静香さんのフリーの演技、そこまでのドキュメンタリー

マキアージュCMタイアップドラマ「ウーマンズ・アイランド」

この辺をみて、ずっともやもやしてたものに区切りがつきました。

昔、キャリア・ウーマンになりたかった。でも肩で風を切って

男の人と対等になろうと、そればかり考えて突っ走って

彼にも、両親にも、絶対頼らずに弱音を見せずに、結局

自己崩壊を起こし、ノイローゼになり自殺衝動にかられた。

そこから半年くらい、誰も信じられなくて、働くことはおろか

家から出ることもできなくなった。病院にも行けなくて

身体をどんどん壊して、本とゲームとマンガに逃げていた。

この期間、良いことももちろんありました。必然的に、家事を

担当することになったので、共働きの両親がいかに苦労して

私を大きくしてくれたのか、少しわかりました。分かってから

少しずつ、スーパーに通えるようになり、欲しいCDを買いに

レコードショップに行けるようになり、雑誌を買い、身なりを

整えるために服を買い、実は一番のストレス要因になっていた

メイクアイテムを買って、少しずつ化粧ができるようになりました。

今では、お前の準備は何時間かかるんじゃ!という有様です。

今の職場に入るときも怖くて怖くて仕方なかった。でも、ものすごく

良い人ばかりの良い職場で、仕事は厳しいし、内容も盛り沢山だし

でも、仕事ってこうやって人がお互い「ここまでやってくれる!」と

信頼して、必然的にワークシェアしあって、成り立ってるのだと

目が覚めて、本当にここに来られて良かった。良い人ばかりで

甘えてしまった。私がいないと困るはず、なんて勝手に思いこんで。

そうじゃない。私は誰にでも出来る仕事しかしてないし、私のように

苦しんでる人がいるなら、この場所はその人に譲らなくちゃいけない。

しがみついて、誰にも渡したくなかったのは、私の方だった。

ここに誘ってくださった方に恩はあるけど、私は私の納得いく

道に早く戻らなくちゃいけない。死んだら終わりなんだから。

どうにもならなくなってから、未練とか後悔とか残さないように。

私が目指したかったのは、自分で納得できる人間になること。

男と対等だとか、同じ仕事をしたいとか、そういうことじゃなく

私ができる仕事を、私らしく、やりたいなぁと。

子供は欲しいし幸せな家庭も欲しいけど、そこは1番じゃない。

私は、この世で仕事がしたいのだと。

良い人、良い職場ばかりじゃないから、辛い道になるかもしれない。

それでも、自己崩壊起こしても、死にたくなっても、また戻れると

自分を信じてみようと思います。秋までに1つ国家資格を目指します!

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »