« ウーマンズ・アイランド | トップページ | 3月 »

ヘンデル オラトリオ「メサイヤ」

大変遅くなりましたが、ぽてさんのリクエストにお答えして

2000年12月の記憶を引っ張り起こしてみました。

VHSのビデオも探し当てました!NHKで午前1時くらいに

始まって「第九」→「メサイヤ」と朝5時近くまで録画かけてたので

3倍にしていたのが今では痛い!あの頃DVDレコーダーがあれば・・・。

クラシックに興味のある方なら「メサイヤ」と聞けば、うおっ!と

思うのですが、分からない方もいると思いますので、少し解説。

ヘンデルが1740年代に初演した楽曲で、演奏する際は今も

古い楽器を使います。詩は全て聖書から引用された宗教曲で

第2楽章の最後は、誰でも知ってる「ハレルヤ・コーラス」

学生の頃歌ったハレルヤは「高らかに響き渡り歌い締める曲」

だったと思うのですが、この楽曲の中で奏でられるのは

「神聖な主(ロード)の存在を喜ぶ、万民の声」という感じです。

2000人収容のクラシックの響きが比較的よいホールでした。

前から10列目くらいの真ん中あたり。クラシックの鑑賞としては

前過ぎた感じもありましたが、珍しい楽器も近くで見られました!

ステージは幅もあって奥行きもまぁまぁのホールなのですが

並べられていた楽器と椅子の少なさにビックリしました。

やがて入ってきた楽団も、椅子の数に間違いは無く少人数。

コーラスにいたっては18人・・・?しかも、女性が7人だけ。

女性5人に対して男性1人と言われているコーラスなのに・・・。

でもソリストが入ってきて謎が解けました。この時代ってバス(男)

テノール(男)、カウンターテナー(男)、ソプラノ(女)なのですね。

もしかすると当時はソプラノも男性だったのかもしれません。

音が鳴り出すまで、日本の普通のホールだったのですが

第1楽章が始まったら、中世ヨーロッパのサロンになり

第2楽章に入る頃には、教会の響きになっていました。

第3楽章は、天と地、神と万民、神へ捧げる音楽という感じ。

音楽が伝わるというのは、こういうことなんだと感じました。

楽器も、コーラスも音量ではないんです。響きの格調高さです。

(あの人数で、あれだけの音が出るのであれば

 個々の音は相当ある計算になるのですが・・・)

ハレルヤは自己満足で歌い上げようと思ったら、大きな声で

高らかにとっても気持ちよく歌える曲なのですが、なんというか

主に語りかけるような、お祝いの曲だったのだなぁって。

宗教に関しては、もうホント全然分かりませんが、漠然と

「祝福」ってのは主が万民に与える「運」みたいなもんだと思って

いたのですが、違うなぁと。誰の上にもあって、自分の中にも

あり続ける主の存在、息吹、道筋、有り方を、万民が祝福し

万民に祝福され、信仰することで「主」も、そこに有り続ける。

この音を生み出したヘンデル、奏でる指揮者・楽団・コーラスが

その精神を共有していて、音楽というツールで、日本という

異国で、布教ではないけど、その精神を伝えようとしている。

言葉が通じなくても、伝わる響き、想い、精神。これが音楽。

VHSを見て改めて感じました。生の演奏を見られた幸運と

何かしらの影響を受け、感動して考えて、ブログというツールで

自分の心の言葉になっていない感情を整理することができ本当に

良かったと。振り返るきっかけになったぽてさんからのリクエスト。

リクエストのきっかけになった、ベリー夫人からの強奪バトン。

ブログの中での皆さんとの出会い。いろんな要因に感謝します。

~♪~♭~♪~♭~♪~♭~♪~♭~♪~♭~♪~♭~♪~♭

・・・自分のブログ読み返していて、とあることに気が付きました。

私、小さい頃から、音楽や観劇、映画に対して両親から反対された

こと無かったんですね。「コンサート行きたい」→「行っておいで」

と即答されて、チケットも普通に遠慮無く買ってくれたなぁと。

両親は、そういう感動を自分で受け取って欲しいとずっと思って

いたんですね。30近くなってようやく、その心に気が付きました。

こんなに遅くなって申し訳ない、でも気が付けて良かった。

更に、ここで出逢った皆様に感謝です。ありがとうございます。

|

« ウーマンズ・アイランド | トップページ | 3月 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

こんにちは!
じっくり何度も読ませていただきました。
読んでいるとまるで自分もその場、その時に
いたような…。そんな気分になってきます。

そして菜ノ花さんは昔歌われていらしたんですね……!
読んでいてやっぱり実際に歌われていらした方の
言葉は、視点は違うなぁと思いました。
すごいです!

そして、言葉を越えて伝わるもの…音楽…。
ほんと…そうですね……。

言葉の力も信じていますが。
それを越えて伝わっていく何か、
確かにあるんだと思います。
この記事を読ませていただいて
そのときの感動が伝わってきたのはもちろんのこと
とてもあったかい気持ちになりました。

ありがとうございました!!

投稿: ぽて | 2006年2月27日 (月) 01時39分

ぽてさん、こんにちは。つたない文章ですが
感想ブログさせて頂きました。何かを感じた
激情って、興奮していて言葉に出来なくて
でも伝えたくて表現したくて、もがきます(笑)
何か少しでも伝えることが出来たなら本当に幸いです。
それは音楽に限ったことではなくて、私にとっては
まさにバイブルとなっている浅田次郎さんの小説
だったり、荒川静香選手のフリーの演技だったり
子供の頃、共働きの両親が忙しい合間をぬって
連れて行ってくれた初めてのディズニーリゾート
だったり。受け取ったものを、こうして文章にして
その激情の何割かでも、伝えることができたなら
何か表現できたということになるのかもしれません。
ぽてさんのおかげです。ありがとうございます。

歌は、10年くらい声楽をやっていましたが
ブログでそれがバレるとは思ってませんでした。
慧眼おそれいります。やはり耳はクラシック方面に
慣れていますので、今時のポップスやロックには
なかなかついていけない、困ったOLです(笑)

投稿: 菜ノ花 | 2006年2月27日 (月) 11時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136751/8836310

この記事へのトラックバック一覧です: ヘンデル オラトリオ「メサイヤ」:

« ウーマンズ・アイランド | トップページ | 3月 »