« PLUTO(1)(2) | トップページ | フルーツバスケット(19) »

光降る碧の大地(彩雲国物語9)

読む前から、色々内容詰まった本になってるはずだから、きっと

泣くだろうなぁと思ってました。が作品中、秀麗は「まだ死ねない!」でした。

読中、私は「まだ泣けないっ!」「まだまだ泣けないっっ!!」でした。

秀麗がこんなにも歯を食いしばっているのに、私が泣いてる場合ではない。

私は、読者はこの結末をしっかり見届けなくてはいけない、そう感じました。

彩雲国物語 (角川ビーンズ文庫)光降る碧の大地
雪乃 紗衣
税込価格 : \500 (本体 : \476)
出版 : 角川書店
ISBN : 4-04-449909-8
発行年月 : 2006.2
@niftyBOOKS~アット・ニフティブックス

発売前に、全部読み返したかったのですが、時間的に無理だと思い

茶州編(王都旅立ち)から読んでいたのですが、この旅の途中で

燕青が出した宿題。この答えが気になっていました。確か、影月は

同じ巻の中か、その次あたりで、燕青に対してではなかったけど

答えを声にしていたのですが、秀麗の答えは聞いてなかったな、と。

この本を読んでいて、初めて秀麗より私が経験積んでいる点を

みつけてしまいました。「燕青の問いに対する答え」「しかもチャンスは1回」

そういうプレッシャーの中で自信がなくなるのは当然で、声に出すのは

己の心を見せるということだから、声にも力がなくなる。

それは当然で、当たり前で、仕方ないことなのだけど、逆なの!!

自信の無いことほど大きくはっきり言わないといけない。

自分が自信が無いことは、相手だって考えていないかもしれない。

考えていて、経験もしていて、答えとして間違っているかもしれない。

いずれにしろ相手の答え、心をはっきり見るため

ちゃんと話合う為にも自信の無いことほど、声にしないといけない。

そして、逆に自信のあることは、さらっと流す程度でいい。

強く言ってしまっては、相手の思考の芽を潰したり

自分の考えだけを押しつけてしまうことになるから。

自信のあることなら、寛容さを持たなければいけない。

なーんてね、分かってはいるけど、実践は難しいよね(笑)

燕青の宿題は、結局、明確な解答というのは無いんじゃないかと思います。

燕青は、秀麗と影月の心を聞きたかったのじゃないかと思うのです。

きっと自分の思う心を見せてくれる、そう信じて。

そして二人は燕青が思う以上の心を返してくれた、そう思います。

変な宗教も、病気も片づいたけど、結局、大物「ヒョウ家」のことは

ちょっとしたサワリ・・・でございました。というか、あっちが後半

手を抜いたので、秀麗たちはキレイに収束させることが出来た。

・・・となると、相手の目的が、また・・・。

向こうが言う通り「誰がどう動くのか試してみた」これが1番。

「ラッキーで百夜(陽月)と薔薇姫(秀麗)が手に入ったら、儲けもの」これが2番。

そして、2番が実行できなかったとき、秀麗の功績が自動的に跳ね上がる。

これが・・・3番・・・?実際には、色々責任をとって官位剥奪、お仕事無しに

なってしまったわけですが、・・・目の効く方々は、この機会に秀麗を嫁に

欲しいと一斉に言い出すことになると思われます、がいかがでしょう、主上?

・・・まぁ、それは今後の楽しみにとっておいて。アニメ化です!超豪華声優陣!

ぎゃー、ゆっくり積み立て預金してたけど、いそいでBS内蔵DVDレコーダーを

買わなくてはいけないー!狙いはヒタチのチューナー6個搭載タイプですっ!

|

« PLUTO(1)(2) | トップページ | フルーツバスケット(19) »

ライトノベル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136751/8413647

この記事へのトラックバック一覧です: 光降る碧の大地(彩雲国物語9):

« PLUTO(1)(2) | トップページ | フルーツバスケット(19) »