« のだめカンタービレ(14) | トップページ | PLUTO(1)(2) »

ホタルノヒカリ(4)

帯を取れば、立派な少女マンガ。というか雰囲気はOL向け恋愛マンガ。

なのに・・・まるで週刊誌のような煽り文句の帯「目撃!!これが干物女の生態だ!!!」

見事なギャップでございます。表紙1枚開くと、まんが小作人が出迎えてくれました。

ほっとして笑ってしまうのは・・・いいのか悪いのか・・・。

ホタルノヒカリ 4 (KCKISS)
ひうら さとる
税込価格 : \410 (本体 : \390)
出版 : 講談社
ISBN : 4-06-340576-1
発行年月 : 2006.1
@niftyBOOKS~アット・ニフティブックス

殿様男・登場。干物女代表としてもOLとしても対等になれなかった

ホタルが、恋愛面では殿様男(バカ殿)神宮司要を翻弄しています。

・・・なんという成長でしょう。ちょっと前まで、そんな強さも余裕も気概も

放りだした干物女だったのに・・・。ホタルは既に干物女じゃないのかも。

同族を失って寂しくなってしまう、この気持ち。情けないけど笑える。

・・・笑ってるうちは、やっぱり私も干物女ってことですよね~。はぁ。

恋愛かぁ。傷つくことを恐れて、隠れて、自分一人の世界を守ることで

精一杯なのに、誰かを受け入れて、言動や趣味、ものの見方を調和して

共に生きていくなんて、こんな不器用な私に出来るわけがない。

なんて、それも自分に対する都合の言い訳だって分かってるんです。

失敗して立ち上がれなくなることの悲しさ、悔しさ、鋭さ、恐怖は

時間が過ぎても薄れないし、経験を増すごとに深くなってる気がします。

結局、乗り越えられてないってことなのかなぁ(苦笑)

|

« のだめカンタービレ(14) | トップページ | PLUTO(1)(2) »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136751/8231006

この記事へのトラックバック一覧です: ホタルノヒカリ(4):

« のだめカンタービレ(14) | トップページ | PLUTO(1)(2) »