« 本物の14日間 | トップページ | FFバトン »

パンドラの檻(クラッシュ・ブレイズ4)

さすが、茅田さん。想像以上でしたーっ!物語はすごい迫力だったけれど

その、後かたづけの部分が全く描写が無いのが、なんだか怖いです。

ティラ・ボーンの事件の方も、報道されたピグマリオンIIの事件の方も。

ダイアナ嬢、一体どのような情報操作によって、どういう「真相」が

世間に披露されたのか、ぜひ読者にも教えて下さいませ。

何気なく、例の製薬会社のその後のことなども、さらりと聞きたい。

じっくり聞くのは何だか怖いので、ちょっと、さわりでいいです。

でもレイチェルの研究の方は続いていって欲しいと思うし

今回登場した、バトラー管理官もなかなか骨のある良い人!

再登場を期待したいところですが、怪奇事件なら

惑星内でとどまるような穏便(?)なサイドストーリーに・・・。

パンドラの檻
(C・novels fantasia クラッシュ・ブレイズ)

茅田 砂胡
税込価格 : \945 (本体 : \900)
出版 : 中央公論新社
サイズ : 新書 / 221p
ISBN : 4-12-500922-8
発行年月 : 2005.11
@niftyBOOKS~アット・ニフティブックス

触られたくない過去。ケリーに関しては私がここで書くのも

躊躇われるような彼一人だけの思い出の星の仲間たち。

彼らを葬り去った毒ガスの開発者など生かしておくわけがない。

ブレイン・シェーカーまで覗かせて、秘密の組織、丸ごと壊滅。

前回(ダニエル誕生時の誘拐事件)は、ジャスミンと話す余裕もなく

怒りを一人で増幅させて、リミット解除で飛びまくったけれど

今回は、すぐ側にダイアナもジャスミンもいて、ルゥの言う通り

ケリーは二人に連絡を入れて、最後にはダニエルとも協力してました。

この辺、言葉に表すのは難しいけど、ケリーが変わったところだと思います。

おそらく、ルゥはケリーの事情を知っていて関わらないことに決めているか

知ることはできるけど触れずにいるか、どちらか。でもケリーからルゥに

話すことはないでしょう。ジャスミンも息子を止める為、悩みながら

歯切れ悪く話したけど次は無いと思う。この辺が海賊・女王夫婦の絆(?)

今回、作者さんの気持ちと、ケリーの怒りによって、巻き込まれたのが

善良な学生二人組。本職本領発揮。運動相手にもならなかったかも

しれませんが、ケリーと彼らの繋がりが出来たのは面白いです。

特にケリー→ヴァンツァーの「経済界裏事情講習」は覗いてみたい・・・。

レティシアは人に貸しを作っておいて、とんでもない形で返済を迫るので

これは、今後の楽しみにしておきます。(リィはデートにて借りを完済)

読んでいて不思議に感じたこと。身体ごと女になった清楚なルゥより

ピンクのスーツに身を包んで、しっとりしているジャスミンの方が

「女装」と感じるのは気のせいだろうか・・・。

そう言えば、前にも同じ感覚がありましたね。デル戦13巻あたり

友好国をお招きしての宴にて、シェラ(正真正銘の男)のドレス姿より

身体もドレスも完璧なリィの演舞の方が「詐欺だ」と感じた記憶が・・・。

次は、遂に来ましたね。文庫版完結に合わせて、になるのかな。

デルフィニア戦記・外伝。その後の、その世界の人たちが見られます。

リィが本物の戦女神に祭り上げられて、石像になって信仰を集めてたりして(笑)

|

« 本物の14日間 | トップページ | FFバトン »

ライトノベル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136751/7334831

この記事へのトラックバック一覧です: パンドラの檻(クラッシュ・ブレイズ4):

» パンドラの檻/茅田砂胡 [ラノベ365日]
『クラッシュ・ブレイズ パンドラの檻』 茅田 砂胡 C novels fantasia 【身に覚えのない罪で見ず知らずの女性からケリーが告発された。独自に調査をするジャスミンに思わぬ真実が。元巨大財閥総帥にして元賞金首に敵の狙いとは!?】 どう考えてもいわれのない夫の冤罪を..... [続きを読む]

受信: 2005年12月 6日 (火) 02時02分

« 本物の14日間 | トップページ | FFバトン »