« 天国までの百マイル(其の弐) | トップページ | 本物の14日間 »

鋼の錬金術師(12)

9月から予約しておりました。200円ほど割高でしたが小冊子付きです。

以前、作者さんは、こういうおまけネタだけで、1冊分(180ページ)

書けるとおっしゃっていたから、まだまだネタはたくさんあるんでしょうね。

それこそ、夢の中に♪

鋼の錬金術師 初回限定特装版 12
荒川弘
税込価格 : \600 (本体 : \571)
出版 : スクウェア・エニックス
ISBN : 4-7575-1549-9
発行年月 : 2005.11.21
@niftyBOOKS~アット・ニフティブックス

表紙「リン王子の刀に映るキング・ブラットレイの目」いいですねー。

バトル続きの巻でしたが、かなり、たくさんのことが見えてきました。

ホーエンハイムは、ホムンクルスの言う「お父様」なのだと考えていました。

今は、もう一人「プライド」という姿を見せないホムンクルスがいるので

こっちなのかなぁという感じもしております。がエドとアル、二人の子供が

いるということは、やっぱりホーエンハイムは人間なのだろうと思います。

「お父様」でもない、また別の立場の人間ということも充分あり得ます。

プライドについては、エンヴィが「余計な時だけ出てくる」と言ってるので

既に表に出ている誰かです、これは確実です。このエンヴィとドクターの

会話は、私の予想通りでした。「は、おしい。いい線いってる」そうですね。

彼らの目的は既に「賢者の石」ではありません。

これを知ってるのは読者だけ。エド&アル、ロイたちも知りません。

というか「賢者の石」に目を向けさせて、別のものを隠しているのでしょう。

ホムンクルス組が狙うのは、大きな錬成陣によって引き替える何か。

エド&アルが狙うのは、元の身体。これのヒントはエドが掴みかけてます。

ロイたちが目指すのは、政治を覆す力。あまり表現されていませんが

専制君主制の軍事国家。分かりやすく言えば旧イラクや北朝鮮と同じ。

これは、隣合う国にとってみれば、おっかないし、国民だっていつ戦争に

かり出されるか分からない恐怖があります。ロイたちが狙うのは革命です。

そして、不確定要素、其の壱!リンやメイ、シンの国の人々。

彼らが欲しいのは情報。永遠の命、不老不死の薬。だから情報さえ手に

入れば、それで終わりだったはずなのですが、お互い貸し借りという縁

そしてズバ抜けた身体能力、ホムンクルスを見抜く能力という要素が

加わり、最終的には国家的にも絡んでくるんじゃないかなと思われます。

不確定要素、其の弐!傷の男、スカーです。彼がこの先、どう転がるか

どう変わるか、どう関わってくるか、それにより大きく動くと思います。

おそらく、本来はものすごい錬金術師でもあるはずです。そうすると

人柱候補ということになります。ホムンクルス組が行う錬成の術師は

「お父様」、そして人柱確定の扉を開いた錬金術師がエド、アル、イズミ。

人柱候補がドクター、ロイ、そしてスカーということになるかなぁ。

死なない身体の情報をつかめば、メイも扉を開く可能性はあります。

ファンの腕をオートメイルにするため

物語の舞台はリゼンブールかラッシュ・バレーへ。

リゼンブールだと、ホーエンハイムの言葉通り直ぐ何かが起こるのか・・・。

あ、不確定要素、其の参!ハボックがどういう形で復活してくるのか。

ヒューズさんのようなデスクワーク系情報エキスパートが妥当ですが

意外にとんでもない能力の錬金術師だったりして・・・?

|

« 天国までの百マイル(其の弐) | トップページ | 本物の14日間 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

とても丁寧に書いていらっしゃるところにどうしよう・・・と逡巡しつつ、TBさせていただきました。

おおう!なるほど!!と思わず頷いてしまう箇所がいくつも。
鋼は新刊出る度に1から読み直してしまうのですが、余り先を予想できていないのです(がくり)

それぞれの陣営が何を狙っているか!?
整理してみると、かなり錯綜していて面白いですねぇ!
ロイ達とエルリック兄弟も、最終局面では決裂する可能性だってあるのよね。と改めて考えさせられました。

投稿: 水瀬 涼 | 2005年11月25日 (金) 00時26分

水瀬さん、こんにちは。
ご訪問ありがとうございます♪
私もです。ハガレンとデスノート
この二つは新刊が出るたびに最初から
読み返しています。誰が何を把握してるか
読者が一番多くの情報を与えられてるので
いろいろ勝手に想像しております。

現段階、現実的に一番難しいのが
ロイたちの革命だと思うのですが。
エドとホムンクルス組が対決すると
その道はだいぶ楽になります。
そのために、ロイはエドを利用する可能性は
あるんじゃないかな。例え憎まれても・・・。
成長するホムンクルス、ブラッドレイの
心境の変化も、不確定要素ですねぇ。
ちなみに、プライドはロイの側近の
誰かじゃないかなぁと想像しています。
そうでなければ、ロスの部下だった
ブロッシュかな。お咎め無しだったし。
でも、作者様には、私などの想像を
裏切る物語展開も期待してしまうのです!
わがままですね(笑)

投稿: 菜ノ花 | 2005年11月25日 (金) 10時40分

こんばんは。トラバ&コメントありがとうございました。
細かく伏線拾ってらっしゃいますね。私は最近は話についていくのみで、推理の方は後回しぎみになってます。

大総統の動きが気になるところです。結構無茶なことも出来る権力がありますし。贅沢と知りつつ驚きの面白い展開を期待してしまいます。

投稿: 風音 | 2005年12月 1日 (木) 23時10分

こんにちは、こちらこそ
ご訪問ありがとうございます♪
大統領は、そうですね、あの立場で
もう一度、戦争を起こすつもりでしょうね。
命令されたら、エドは人間兵器として従うか
命をかけて逆らうか、どちらか。
エドは逆らい、ロイは内部から攻略で
エドvsロイの本気バトルがあるのかなぁ。
・・・だめだ。戦争以上に怖い。

次は、デスノート。そしてハリーポッター6巻
予約開始ですねっ!発売まで半年くらいあるけど(笑)

投稿: 菜ノ花 | 2005年12月 2日 (金) 11時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136751/7269650

この記事へのトラックバック一覧です: 鋼の錬金術師(12):

» 鋼の錬金術師12 特装版 [風音の書庫]
前回の特装版のこと思い出して、予約しておいたんですけど、今回は必要なかったようで [続きを読む]

受信: 2005年12月 1日 (木) 22時21分

« 天国までの百マイル(其の弐) | トップページ | 本物の14日間 »