« 禍つ鎖を解き放て(少年陰陽師4) | トップページ | 心は藍よりも深く(彩雲国物語) »

六花に抱かれて眠れ(少年陰陽師5)

ちゃんと読書の秋になってます!嬉しいですが、もう少しペースを上げたい。

でもこのところ、視力の低下を否応なくマジマジと感じております。

目や歯って替えがきかない一回切りのものなので、大事にしたいっす。

もちろん身体も大事ですが。目や歯は再生しないんですから・・・。

--ここから、本題------------------------

安倍一族ナンバー2の実力者だったようです、昌浩くん。

それ故に、3歳の頃から既に狙われていたのですね。

物の怪のもっくんが「昌浩!」と悲痛な声で呼びかける度

泣きそうになりました。屋敷で待ってる彰子姫に「戻る」と

約束したから、約束を破りたくないから、死ぬわけにいかない。

じい様を支える陰陽師になるという約束

いずれ陰陽寮を束ねることになる父に迷惑はかけられない思い

色んなものを背負ってるけど、まだ13歳の少年陰陽師なのです。

  六花に抱かれて眠れ (角川ビーンズ文庫 少年陰陽師)

|

« 禍つ鎖を解き放て(少年陰陽師4) | トップページ | 心は藍よりも深く(彩雲国物語) »

ライトノベル」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136751/6212387

この記事へのトラックバック一覧です: 六花に抱かれて眠れ(少年陰陽師5):

« 禍つ鎖を解き放て(少年陰陽師4) | トップページ | 心は藍よりも深く(彩雲国物語) »