« キノの旅(9) | トップページ | 2004年アテネオリンピック 公式クラシック・アルバム:ハーモニー »

夏目友人帳(1)

夏目友人帳 1 (花とゆめコミックス)
緑川 ゆき
税込価格 : \410 (本体 : \390)
出版 : 白泉社
ISBN : 4-592-17158-6
発行年月 : 2005.10
オンラインブックストアbk1

何年かぶりに作者さんや、担当者さん、スタッフの皆様に

お手紙を書きたくなるような名作に出会えました。

少し前に、爆笑問題が神々やお祭り、死後の世界について

特集したTV番組がありました。たいていの日本人は仏教であり多神教です。

神様がいっぱいいて、神だからと言って絶対善い神ではないという概念。

これは生活する上で都合が良かったり、反面教師だったりと

色々な考え方や受け取り方があって、でももしかしたら事実かも?という

曖昧で、はっきりしない、ある意味日本らしさの漂う、番組として

「明確な答えや解答」があるわけではなく、見る・知る・考えるという趣旨でした。

そして、この夏目友人帳を読みながら思ったことは、私たちは

妖怪というと、鬼太郎に出てくるよな、異形なものを想像するのですが

それもまた真実であり、でも妖怪だからと言って、みんながみんな悪ではなく

「想い」や「土地」に縛られた、生きてる人間よりも切ないものだということ。

作者さんの走り書きを読むと、ひしひしと自分一人で作った物語ではなく

周りの助けがあってのお話だということが良く分かります。

その空気を大事に、じっくり続きをみせて欲しいと思います。

|

« キノの旅(9) | トップページ | 2004年アテネオリンピック 公式クラシック・アルバム:ハーモニー »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

「呟いて、すっかりぽん!?」のしゃちむしゃです!ご訪問&トラバありがとうございます!「夏目友人帳」いいですよねw
“「想い」や「土地」に縛られた、生きてる人間よりも切ないものだということ”、私もそんな気がします。私もじっくり続きを楽しみにしたい作品です。

投稿: しゃちむしゃ | 2005年10月19日 (水) 16時47分

しゃちむしゃさん、訪問+コメント+トラバありがとうございます。なんだか久しぶりに、続きをせかすわけではなく、ゆっくりじっくり続いていって欲しい物語に出会えましたよね♪夏目友人帳がつないでくれた、しゃちむしゃさんとのご縁もとても嬉しく思います!

投稿: 菜ノ花 | 2005年10月19日 (水) 18時50分

本当に。。。長い時間をかけて楽しみに待っていたくて、そして楽しみたい!作品ですよねw私も菜ノ花さんとのご縁、嬉しく思います!こうして出逢ったご縁も、不思議で、大切にしたいですね~w(しんみり)

投稿: しゃちむしゃ | 2005年10月20日 (木) 19時19分

菜ノ花さんはじめまして、classicgreenと申します。先日はうちのブログの方へTB&コメントありがとうございました!
こちらもTBさせて頂きましたので、ご報告までにコメントさせて頂きます。
夏目も続きが本当に楽しみですね。この間、待てなくて連載されているララDXを買ってしまいましたが(笑)
ではでは、またお邪魔させていただきます。

投稿: classicgreen | 2005年10月21日 (金) 11時52分

◆しゃちむしゃさん、再訪問頂き感激です。ネットという空間の中での出会いって、夏目友人帳のように心の奥深い繋がりではないかもしれないけど、外聞とか他人の意見とか関わらない、個人の本心の繋がりですよね。当たり前のことかもしれませんが、昨今では少し薄れてきてるのかなぁと思ったりもします。私が臆病なだけでしょうか(笑)私もまた遊びに行きます!

◆classicgreenさん、ご訪問+コメント+トラバありがとうございます。続き、気になりますね。もう雑誌には出てるのかもしれませんが、ニャンコ先生が妖怪になった理由とか、招き猫に閉じこめられることになった経緯とか気になります。レイコさんと会った時はどんな姿だったのでしょうね。雑誌、私ものぞいてみます。他にも良い物語に出会えるかもしれませんね♪

投稿: 菜ノ花 | 2005年10月21日 (金) 21時52分

こんにちは。トラバさせて頂きました。

面白い作品に出会えて、感謝してます。とっても良い雰囲気の作品ですよね。続きを読みたい気持ちは強いですが、菜ノ花さんのおっしゃる通りじっくり続きを見せて欲しいです。

投稿: 風音 | 2005年12月11日 (日) 14時35分

風音さん、こんばんは。
この「夏目友人帳」は、私が今年出逢った書籍ナンバー1です!言葉を紡ぐこと、心を通すこと。人が生きる上で当たり前なのに普段意識してないけど大事なことを、ものすごく丁寧に表現した物語だと思います。人ではないけど・・・。たくさんの人が読んで、それぞれ色んなことを思うのだろうと思います。何が正しいとか間違いとかそういうことはなく、この物語に出逢って得られた沢山の様々な感情をブログという場で、こうして共有することができて、本当に実のある物語だなぁと思います♪

投稿: 菜ノ花 | 2005年12月12日 (月) 23時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136751/6453442

この記事へのトラックバック一覧です: 夏目友人帳(1):

» 緑川ゆき「夏目友人帳」 [呟いて、すっかりぽん!?]
緑川ゆきさんの「夏目友人帳」1巻(花とゆめコミックス)読みました♪ そしてうっかり一話読むごとに、涙。 いい話やぁ〜(>□<。vv と、ほろりほろり。 どの話も好きですがw ツユカミさまの回が、特に好きですw 読むと、ちょっと切ないけれど、暖かい気持ちが広がります。 「今日は暖かいなぁ」 その言葉の暖かさに、 紡がれたその場の優しい空気に、 読んでいる私の胸も 幸せでいっぱいになります な〜んて しんみりとひたった後ですが(笑) 「..... [続きを読む]

受信: 2005年10月19日 (水) 16時41分

» 漫画日和 [Feel my Mind]
ストレス解消という名目で、最近漫画を買う事が頻繁に多いです。昔からそうなんですが最近は雑誌まで手を伸ばすように・・・気付いたらお金がなくてビビッてます。 最近買ってとっても良かったのが緑川ゆき先生の「夏目友人帳」です。 久々に税込410円以上の価値があると思いました。 まず漫画に流れる空気がすごく好きです。絵もシンプルなので、物語に入りやすいし。 ニャンコ先生という強い妖怪が出てくるんです�... [続きを読む]

受信: 2005年10月21日 (金) 11時18分

» 夏目友人帳 1 [風音の書庫]
おーえる之ユメの菜ノ花さんと二次元の恋人の水瀬 涼さん、お二人の所で紹介されてい [続きを読む]

受信: 2005年12月11日 (日) 14時25分

« キノの旅(9) | トップページ | 2004年アテネオリンピック 公式クラシック・アルバム:ハーモニー »