« ナイトメア | トップページ | チャングムの誓い(49) »

フルーツバスケット(18)

透くんがついに、自分の気持ちを言葉にしました。他の誰でもない「夾」でした。

リンと春のことがメインだった巻ですが、シグレのことが見えてきた気がします。

シグレが守りたいのはアキト。だから、レンに近づきその力を削ぎ、アキトを守る。

必要ないところでアキトを傷つけないように。同時に、閉じこもったアキトを

解放するため透をけしかける。透を利用して引っ張り出そうとしている。

夏の別荘はシグレにとっては成功だったのだと思います。透にとっては

自分の中に閉じこめた箱に手を伸ばしかけた危険な瞬間でした。

この透自身の箱。記憶なのか感情なのか、分かりませんが

おそらく、今まで見てきた透らしくない激情だと思うのですが・・・

これがクライマックスになるのかな。この箱を透が自分で止められなかった時

止められるのは、自分の激情と常に一緒にいるアキトではないかと思います。

そういう意味で、この物語は「罪と罰」になる可能性も含んでいるのかなぁ。

ユキとマチは、まだまだ、ゆっくりゆっくりでしょう。

ヒロとキサは・・・将来がおそろしい程、どんどん美男美女に・・・。

ハルとリンは、ようやく始まるんですね。この二人に呪いはもう関係ナシ!

できることなら、両親と仲良くなれる道を探せるといいんだけど・・・。

プリ・ユキ会長、素子先輩。いつのまにか、ものすごくいい女になっていた!

「祈ってます」は自分の気持ちを押しつけるわけでもなく、かといって

無理に諦めるとか殺すとか、そういう意味でもなくて、とっても良かった。

私も学生時代にこのくらい悟っていたら良かったのに・・・

フルバを持って15年前に戻りたい。15年・・・書いてて寂しくなってきました。

|

« ナイトメア | トップページ | チャングムの誓い(49) »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136751/6046957

この記事へのトラックバック一覧です: フルーツバスケット(18):

« ナイトメア | トップページ | チャングムの誓い(49) »