ガリレオ(最終話)

あっという間に、冬ドラマも終盤ですね。

最終話は、謎解きの部分は、スリム&ストレート。

クライマックスは、2人っきりの爆発物解体。

3時間、特大爆破物と向き合っていた湯川先生は

すごく冷静で、かっこよかったけど、恐怖から解放

された女の子が、ちょこっとすがってきただけで

ものすごい動揺ぶり(大笑)湯川先生にとっては

計算されつくしたマーキュリーより、普通の女の子の

わけわかんない感情の方が、よっぽど意味不明で

爆破物みたいなもんなんでしょうね~♪

小説版とは、また違った、独自の湯川先生が

福山さんの中でしっかり生きているんでしょうね。

映画版「ガリレオ」楽しみにしたいです。

たぶん、映画館には行けないと思うけど。


**07年秋・月9『ガリレオ』**

1話2話3話4話5話6話7話8話9話、最終話


**東野圭吾作品・感想ログ**

手紙(読中ログネタバレ)、探偵ガリレオ予知夢容疑者Xの献身

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ガリレオ(9)

相棒も京都地検もSPも見てるのですが、ブログを

書く時間がありませんっ!これで雪が降ったら

もっと時間がなくなるんだろうな。携帯でupしようかな。

ドラマ版ガリレオ最終エピソードは、2つの短編の

合体になりました。「デスマスク」と「水中爆発」

2冊の文庫の中でも、特別派手な物が二つです。

これに湯川先生のオリジナルエピソードが

くっつくようですね、何が出てくるか楽しみです。

真矢さんが、嬉しそうに福山さんに絡むシーンが

心から楽しそうで、見ていて幸せでした~♪


**07年秋・月9『ガリレオ』**

1話2話3話4話5話6話7話8話、9話


**東野圭吾作品・感想ログ**

手紙(読中ログネタバレ)、探偵ガリレオ予知夢

| | コメント (0) | トラックバック (0)

モップガールep9

残り2話ですが、今回も、あんまり本質には進展無し。

次のドラマの予告の方が、インパクトありましたね。

モップガールは過去戻り、次は未来に飛ぶドラマ。

ちょっと気になりますが、北国の冬は寒いし、灯油も

高いので夜更かしせずに、寝てしまうかもしれません。

9話。最初から、命を救えないことは分かっている。

じゃあ、何のために戻ったのか、できることは何か。

モモコは自分の直感で、この人の望みを叶えることに

集中する決意をし、いつものことながら、大友さんを

巻き込んで、救急車で走り出す。会えなかったけど

本人の望みは達せられて、遺恨なく静かに亡くなる。

大事な人が突然いなくなってしまう哀しみは、何年も

何十年も癒されることが無いかも知れないと、時々

大友さんは、実感を伴ったやりきれない呟くをもらし

全てが済んだ、立ち去り際、何かを思い出す。

さて、最終回、モモコ本人が危険です。本人の場合

戻ってこられるのか、運命を変えられるのか?

過去の真実に辿り着け!「真相は、次シーズンで」

なんてことがないように、スッキリ終わらせて欲しいです。


=07秋ドラマ『モップガール』感想ログ=

1話2話3話4話5話、6話、7話8話、9話

| | コメント (0) | トラックバック (0)

太王四神記(1)

つい気になって、見てしまいました。オリンピック出場を

決める野球もスマスマもさしおいて、あんまり意識は

してなかったんけど、自分でも意外なほど見たかった

ドラマだったようです。私は特別ヨン様ファンではないので

チャングムみたいな時代物に惹かれてるんだと思います。

これは、架空時代物ファンタジー。大好き要素満載です♪

1話は、旅行く村長が弟子のスジニにせがまれて、神の

時代の物語を聞かせる。この話は、村の中では

スジニがいるところでは禁句らしく、スジニは誰にも

教えて貰えなくてイライラしていた。炎を操るところから

見ると彼女自身が「朱雀」なんだと思います。そして

どんな経緯か分からないけど、彼女が育ち、師匠と

慕ってきた村長の村は、水の玄武を伝承する村。

子を守りたい激情で、心ならずも黒朱雀を産みだして

制御できなくなり、神の民を苦しめてしまった熊の一族の

セオ。神の妻になりたくて、セオが憎らしくて、どうせ

手に入らないなら、炎を取り返し、世界を奪ってやろうと

思い詰めたカジン。人を救うために降り立った為に

人の戦には介入できなかったファヌン。ファヌンが

旅行く2人が会おうとしている星の王だということは

分かるのですが、今、朱雀の炎を持っているスジニは

セオの生まれ変わりなのか、カジンの生まれ変わりなのか

キャスト表を見る限り、セオの生まれ変わりのようですが

……というか、成長した姿はセオの女優さんなんでしょうが

それが果たして、セオかカジンかは分かりませんよね。

最初に、炎を受け継いだカジンは、戦いに明け暮れても

黒朱雀にはならなかった。運命はどう転がるか、楽しみです。


BSハイビジョンでの放送でしたが、@niftyでも見られます。

http://www.nifty.com/taiousijinki/movie/01.html

CGは、最近の映画やゲームなどを見慣れていると

ハイビジョンでは、ちょっと荒いなぁと感じますが

音楽は最高です♪5.1サラウンドを持ってる方が

羨ましい!1話は拡大版だったのかな、NHKだから

CM無し、お茶を煎れる隙もないまま、1時間ちょっと

くらいでした。民放なら1時間半くらいの枠なのかな。

個人的には、人間として生を受けた後、朱雀を伝承し

戦いに明け暮れる中、神に出逢い、その力を奪われ

神の民になりたい、妻になりたい、そう願ったカジンの

人らしい生き様が、私は好きだなぁと感じました♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ガリレオ(8)

瞬間移動について真剣に悩み、ついには

「どこでもドアってどんな構造なんだろう」と呟くように

なってしまう湯川先生。ぜひ、福山さんの声で

聞きたかった呟きですね~。ブラックホールとか

超常現象について、どんどん調べていくんだけど

ホントは、超常現象じゃなくて、人間の思いこみ

錯覚の問題だった。室内は加湿器とエアコンが動き

外はとても寒かった。結露で顔も表情も見えるはずが

なかった。妹さんは、とっさに勘違いしてしまった。

「ストーカー」という人間が、必ずしも「好意を持った

迷惑な異性」であるとは限らない。私にそれを

教えてくれたのは男性でした。「顔も名前も知ってる

女友達かもしれないよ」と。冷静に、その可能性を

考えてみると、確かに思い当たることがあった時で

「好意」ではなくて「ものすごい敵意」だったと分かり

そんな風に彼女が思い詰めるまでにしてしまったのが

自分なんだと分かり、彼女と距離を置くようにしたら

その後は、スッキリ嫌がらせが無くなり、やっぱり

そうだったんだなぁと……反省しました。

女2人の経営は、難しいものかもしれないです。

女3人で、それぞれ違う個性を持つなら大丈夫かも。

ドラマは、その辺、あまり突っ込まなかったけど。

ラスト、コウちゃんの豪快な料理手さばきを、心配そうに

見つめる湯川先生の目の表情が……可愛かったです。

「喋らなくて言いから、料理に集中してくれ。

というか、この場所で料理する理由は何だ?

あんなに散らかして、料理は片づけながらするものだ。

……もしかして、アレ喰わされるのか!?」って(笑)


**07年秋・月9『ガリレオ』**

1話2話3話4話5話6話7話、8話


**東野圭吾作品・感想ログ**

手紙(読中ログネタバレ)、探偵ガリレオ予知夢

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SP(5)

ライバル組織というか、前の立てこもりとは全く関係無い

組織かもしれませんが、暗殺請負チームが登場です。

事件の容疑者が保釈中に、自宅マンションの浴室で

溺死。容疑者ではなく、参考人として保護されている

人物の警護をすることになったメンバーは、不必要に

大きくて派手なホテルの一室で、暗殺に怯える保護人の

警護を始める。彼らに捜査権は無いので、聞きだそうと

しないんだけど、この男の家族、この男がこのホテルに

拘る理由など、聞き出していけば、なんか見えそうですが

相手もまだ仕掛けてこないので、今回は準備ステージって

ところでしょうか。冒頭の、過去の事故の直接的な犯人と

される人物が言う、意味深とも、意味無とも受け取れる言葉。

ただ混乱させるためだけの言葉なのか、それとも本当に

何か「実」に育つようなものが、あったのか。この過去の

(偽装?)テロ事件の真相か、今真相とされている内容を

もうちょっと詳しく知りたいですね。

極秘任務のはずが、どこからどう見てもSPって……

もうちょっと演技力が必要、かなぁ(笑)


「SP」感想ログ:1話2話3話4話、5話

| | コメント (0) | トラックバック (0)

モップガールep8

ストーリー的にはイマイチでした~。

桃ちゃんの最後の訴えがけも、なんか犯人の

心には全然響かないし、内容的には、11時まで

待ってたんだから、もうちょっといいもの見せて~

と言いたくなるレベルかなぁと。でも、もし何か

あるのだとすると、今回の名前の無い真犯人。

この人は、桃ちゃんと大友さんの過去に関わる

経歴のある人なのかもしれません。葉月さんに。

もう一つ、なんとなくですが、どうして大友さんが

日本人女性に絶対言い寄らないのか、これも

ドラマ的盛り上げ効果とは別に、本当の意味が何か

あるような気がしてきました。誰かを探してるとか?

12月ですし、たぶん、もうラスト数話だと思うので

そろそろ、過去の事件と、ドラマの核心が浮き彫りに

なってくると思います。楽しみっす。


=07秋ドラマ『モップガール』感想ログ=

1話2話3話4話5話、6話、7話、8話

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都地検の女(日記)

はじめから誰かにみせるつもりの日記

(学校の先生宛の日記や、友達同士の交換日勤)と

自分の行いや感情を整理するための、自分だけの

日記は、全く質が異なるものです。

それを例え家族でも読まれることは、プライバシーの

侵害であり、注意する→警告する→訴えるという手順が

可能なものだと思います。精神的暴力に値します。

だから、訴えた過程で相手が望むなら、示談に応じ

水に流しましょう、次は許しませんよと、慰謝料を頂いても

良いと思います。もし普通の家でそれが適応になるのなら

社会的に地位が低い、自分なんか、と思ってる前科有りの

社会復帰者にとって、社会的貢献度が高く、人を見下す

ことで自分が優越感に浸っている人に、自分の日記を

コソコソ読まれるようなことは、断じて許し難かった。

縁の無い前科のある人間を雇い入れ、仕事を与え

少ない売り上げの中から、もしかしたら自分自身の

貯蓄の中から小遣いを与え、生活を共にすることは

本当に社会的に素晴らしいことです。でも、だったら

本音で本心から、その人とケンカをするくらいに

おごり高ぶった自分の態度を見直し、視線を対等にして

向き合って、ケンカしても笑いあえる方が、たぶん

お互いの為だったんじゃないかな。双方が、弱いところを

見せて、分かり合って、埋めあって、これからそんな風に

変わっていけたらいいなぁと、思います。

主婦検事・鶴丸アヤさんは、今回、こういうことに時間を割き

容疑者を不起訴にし、すぐまた逮捕されてしまったので

事の顛末は如何にしろ、その事実は彼女の経歴に

バチっと書かれてしまうので、これからお偉いさんたちが

やってきて、一悶着おこり、次のシーズンは京都地検じゃ

ないかも!?(笑)そーねー、娘も大学受験みたいだし

身軽になって、離島とか、ド田舎とかも面白いかも?


∈○∋京都地検の女・07秋∈○∋

鬼ママ本妻と愛人沈黙の男女電報、日記

| | コメント (0) | トラックバック (0)

相棒(歌の絆)

今週分。いやはや、ものすごい内容でした。

2時間ドラマの題材でも良かったと思います。

人気ロックバンドのボーカルが他殺で見つかり

真剣交際中の女性が「犯人です」と自首する。

でも、どうにも誰がみても決定打に欠ける彼女。

男の周辺を洗ってみると、たくさんの縁が出てきて

どれが本線なのか、手繰りようがないほど。

その中で、デビュー前のバンドに目を付けた右京さんは

さくさくと、盗作疑惑→自殺→移植の線を詰め始める。

案の定、現在の彼女は心臓移植で助かったレシピエント。

一方、殺された男が、デビューのきっかけとなった曲を

結果的に盗んでしまったのが、自殺した前のバンドメンバー。

ホントは、盗むつもりもなかったし、もちろんその友達の

ことも新しいメンバーに入れるつもりだった、だけど……

できなくて、悔しくて、ちょっと欲にも目がくらんだかもしれない。

その後、カリスマに祭り上げられて、売れて、もてて

どんどん輝いてく自分に、酔っていたかもしれない。

だけど、彼女に巡り会えたことで、自分を取り戻し

罪悪感を感じ、例え全部失ってしまっても謝罪して

本当の姿で生きたいと、願った。そしたら、今度は

今の自分を一緒に作り上げてきた、もう1人の影の自分に

とって、それは「やっと掴んだ夢の破壊」となってしまった。

謝りたい、このままじゃ歌えない、彼女と向き合えない。

その気持ちは、すごく大事だったんだけど、ちゃんと

もう1人の自分とも時間をかけて話し合うべきだった。

自分を作り上げているのは、自分だけじゃないんだと

芸能人なら、その自覚が必要だった。多くの人に

支えられ、また、自分が輝くことで、彼らや彼らの家族も

生きているんだと。しがらみと言う人もいるかもしれない。

だけど、簡単に断ち切ってはいけない。ちゃんと説明して

理解して、その後を考えて、納得してからじゃないと

「引退」とか言えないんじゃないかな……と、私は思います。


もう1人、自殺してしまった、歌の持ち主の彼女。

売れに売れてる昔の親友を、心の底から憎みながら

でも、押さえに押さえて、移植された心臓の持ち主で

ある女性の幸せを、見守ることが、自分の幸せで

恨みを忘れて普通に平穏でいたかったのに、歌が

彼女を引き寄せ、憎いアイツに出逢わせてしまった。

そこから戸惑いや苛立ちが込み上げて、ついに

言ってはいけない、ドナーとレシピエントの関係を

その過去を明かしてしまう。言ってしまったことを悔やみ

だけど、彼女に幸せになって欲しいから、どうしても

止めたくて、許せなくて、押し掛けてしまう……。

彼女たちにも、じっくりと話す必要があったんだと思う。

ボーカルの彼は、自分が変わろうと苦悩していることを

話し、謝罪し、お墓参りに一緒に行けば良かった。

その姿をみたら、憎しみも少しずつ薄れるかもしれないし

何より、彼女自身がようやく自分の為の人生を再開

できたかもしれない。若い頃は、即決即断即行が

大事な気がして、心を置き去りにしてしまいがちだけど

間違ってないか、見のがしてないか、立ち止まって

話せる人がいたら聞いて貰って、意見を聞いたり

話すことで自分の考えをまとめることも必要だと思う。

だから、心を許せる人に出会えたら、その人を大事に

して、その奇跡に感謝しなきゃいけない。

「相棒」の二人は、すごい良いパートナーですよね。


・○・「相棒」07秋シリーズ・○・

裁判員制度第3の男ミステリー作家タクシー白いシャツ

歌の絆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

相棒(白いシャツ)

先週分です。ドラマはリアルタイムで見ていたのですが

ブログは書きかけで止まってました。

大物俳優さんが出てくるときは、半分以上の確率で

犯人だと思っていいと思うのですが・・・・・・、今回は

あまりに演技がかっていて、逆に違うのか?誰か

かばっているのか?これがホントに真実か?と

どこまでも疑心暗鬼に勘ぐってしまいたくなる内容でした。

制作側もそれが狙いだったと思うので

ものすごく良い作りだったと思います♪

多少の罪を被ってでも、どうしても隠し通したかった

最大の秘密。それに繋がる自分自身の傑作の絵。

発表したいけど、絶対できなかった絵が、盗まれて

転々とし、とても身近な喫茶店に帰ってきてしまった。

狂いだした歯車、おもってもみなかった事故。

色んな要因がちょっとずつ結びついて、右京さんの

中に、ちょっとずつ引っかかって、ようやく真相が

明らかに。亡くなった2人の若いお嬢さんの名誉が

回復されることを祈ります。パトロンであんなもん

かもしれないのですが……旦那が若い子囲って

その子が事故で転落死しちゃっても、自分のパーティの

方が心配で、それを口に出すようでは、大物とは

言えませんね。思っても声にしない、お嬢さんの不憫を

思いやらなくては、上に立つ人間として、低レベル。

立場的には、生粋のセレブでも、心構えが欠落した

外見セレブよりは、本物のセレブになる為に

自分を磨く、成金セレブの方が、絶対ステキです!


・○・「相棒」07秋シリーズ・○・

裁判員制度第3の男ミステリー作家タクシー、白いシャツ

| | コメント (0) | トラックバック (0)